シェアハウス事業の底上げ・標準化を行っている日本シェアハウス協会によるビジネスモデル、事例解説。

2267viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
これからのシェアハウスビジネス

第一章 なぜ「シェアハウス」が注目されるのか

  • 利用者視点で一般賃貸とシェアハウスを比較し、メリットを説明した表がある。

 表 「一般賃貸VSシェアハウス」:入居前6項目、入居後3項目

第二章 シェアハウス市場の現状

  • 物件の規模別に、入居している利用者層を分析したグラフがある

グラフ「都内に展開される物件の属性」:部屋数5~100まで、男性・女性・男女共通の分布の割合

  • エリア別に物件の部屋数
関東圏14エリア、5~35部屋以上の分布の割合

第三章 一般社団法人 日本シェアハウス協会とは

  • 日本シェアハウス協会が行っている7つの事業の説明
  • 協会の自主基準(主に認定基準、品質基準)

 脱法ハウスなど違法性のある物件や運営会社を認定しないように

  • どのような物件がシェアハウスに向いているかの例示と事例(数パターン)

第五章 「脱法ハウス」問題と国の規制

  • 議員立法でシェアハウスを認めさせる活動

第七章 「シェアハウス」事業への”参入”のすすめ

  • 不動産賃貸、介護など他業種から参入するメリットを解説
これからのシェアハウスビジネス

これからのシェアハウスビジネス

  • 三浦 展,日本シェアハウス協会

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く