日本ベンチャーアクセラレータの開拓者の視座とこれまで

1293viewsstarginestargine

このエントリーをはてなブックマークに追加
20代の起業論

榊原さんの新卒入社の会社アクシブでの仕事

MyIDにスポンサーをつけて、その収益で会社を黒字化すること
(会社はエンジニアだけで外回りの営業がいなかった)
やってたこと

  • 色んな業界に足を運ぶ
  • 企画を1000本作る
>結果リクルートに採用される。
リクルートの情報サイトのPVを上げるためのMyIDのコンテンツ提供
>そこから多くの企業が採用。

支援の基準に関すること

榊原さんの100の事業アイディアに則るものは投資対象になる確率が高い。
サムライからアプローチすることは原則ない(一人いた)
サムライからの出資にはサムライ軍団からの紹介が必要

支援先にお願いしていること

プレスリリースとイベントを月2回行うこと
(2年間やりきったのはノボットの小林さんのみ)

事業の評価手法

外部環境

  • PEST分析(政治・経済・社会・技術)
  • 5F分析(ポーター
  • 3C分析(クライアントorカスタマー、コンペティター、自社)
自社
  • ミッション・ビジョン
  • ポジショニング(2軸の4象限
  • 4P(製品、価格、流通、プロモーション
  • オペレーション

他諸々

living room 大沢さん 解雇からの2ヶ月で仕事(アプリでの受託etc)をつくる。

軒先.com 国交省に転貸でもスペースと時間が限定されているなら大丈夫かと問い合わせた。結果は借地権が発生しないから(サービスで貸す人らそれぞれに)宅建の免許は不要との回答を得た。

"SNSで評価されないサービスは成功しにくい"
SNS≒自分の周り(友達やフォロワーなど)
≒友達などの評判や信用が昔以上に重要になっている

IT企業のスタート時期には「マーケティングをいかに成功させるか」「広告収益をいかに上げるか」が重要。

マネタイズの定義:1年以内の単月黒字化

海外で会社を登記すると、海外からの投資が受けやすい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く