「投資家」とはなんぞや

1443viewskanakana

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝つ投資 負けない投資

[株の「勝ち」「負け」にはとんでもない誤解があります・・・]]

投資家になるということ

・弱点さえ理解すれば機関投資家に太刀打ちできる
・株式投資はそう簡単に儲かるものではない
・「投機家」ではなく、本物の「投資家」になろう

勝つ投資編

デイトレはそろそろ限界かもしれない

・自分の限界を感じる瞬間
・どんなやり方が向いているかは人それぞれ
・かけられる時間と情熱によってとれる手法が決まる
・時間も情熱もかけられない人が撮るべき3つの手法
・あきらめずに続けることが大事

株式投資で勝つための銘柄選別法

・低PERや低PBRで買っても大きなイターンは得られない
・大事なのはそのPERが将来どのように変わっていくかということ
・「変化」と「想像力」
・世の中のありとあらゆることが想像力を養う糧になる

買い方、売り方、見分け方のポイント

・投資で利益が得られる3つのパターン
 1、優等生が100点満点をとりつづけるパターン
 2、優等生が期待外れの点数を撮ってしまうパターン
 3、落第生が期待以上の点数を取るパターン
・アイデアを多数持つことで塩漬けを回避する
・信じる=疑うのをやめること
・何のために投資をしているのか

負けない投資編

株式投資のキホン

・企業の成長ストーリーが変わらない限り企業価値は変わらない
・理論株価は簡単に計算できる
・そもそも、株式とは?
・大化けする銘柄が眠る場所
・外部要因に一喜一憂して判断を変更しても成果は上がらない

プロはこうして銘柄を選ぶ

・大小問わず、誰よりも早くトレンドを掴み、誰よりも先にそれを銘柄に落とし込んでいく事が大事
・好奇心さえあればトレンドを掴める
・調べても、何一つ社長の人となりを知る手段がみつからない時は投資をする必要がない
・「フェア」で「オープン」である事を重視
・常に日々の生活の中で投資のアイデアを探している
・投資に踏み切る前により詳細に調査する
 ―「損益計算書」にある売上高、営業利益を確認
 ―「貸借対照表」では資産の部の棚卸在庫、売掛金を確認
 ―負債の部の短期・長期入金、資本の部の学を確認
・伸びる会社のサイン
 □収益性が向上している
 □経営者がROEの向上を意識している
 □収益性の高いところへ投資している
 □多くの人を幸せにしている
 □ガバナンスがしっかりしている
・伸びない会社のサイン
 □本業と全く関係のない事業を持っている
 □中期経営計画に数値目標が明記されていない
 □自社ビルを建設する
 □本社の受付嬢がやたらと美人
 □社長が業界紙以外のメディアに出始める

ポートフォリオの組み方と勝つ投資家のメンタル

・リターンを大きくするポートフォリオづくり
・自分に合ったポートフォリオを組む
・勝てる投資家のマインドセット
・本物の投資家の究極の到達点は、お金の価値だけでなく、人生の勝ちを知る者である

感想

投資に興味を持ち始めたので読んでみました!
私には難しい専門用語も出てきますが、きちんと解説がありますので安心です。
今はまだ、「そういうもんなんかな?」ぐらいですが、初めて見ると納得できるのかも??
既に株をされていて、なんか伸び悩んでるなーとか、初心者でさあこれからだ!って方は参考になるんじゃないでしょうか☆

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く