地方創生で自治体に行く営業は訪問前に一読すべき、370ページみっちり詰まった辞書のような本。

1569viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
全論点 人口急減と自治体消滅

第Ⅲ部は自治体の首長や議員の持論。第Ⅰ部/第Ⅳ部は自治体ごとの課題と目玉施策の解説。
地方創生は政治が動かないかぎり解決しないので、第Ⅲ部がとくに参考になる。
第Ⅱ部は学者やジャーナリストの論説。ただし論じる立場であり実行する立場ではないので展望論文っぽく、仮説なのか実績なのか分からないものが多い。
分厚すぎて一気に読む気力が湧かないので、とりあえず目次だけ電子化してスマホに入れておき、本は興味が生じたテーマもしくは自治体順に逐次読むことにした。

第Ⅲ部

  • 都道府県レベル

北海道知事、宮城県知事、秋田県知事、山形県知事、福井県知事、三重県知事、京都府知事、鳥取県知事、徳島県知事、前佐賀県知事

  • 市区町村レベル
大潟村長、栃木県大田原市長、新潟市長、飯田市長、 長野県川上村長、大東市長、美作市長、広島県大竹市長、高知県大豊町長、北九州市長、対馬市長、天草市長、大分県国東市長、宮城県西米良村長

第Ⅳ部

北海道新得町、流山市、埼玉県行田市、長野県下條町、岐阜県郡上市、石川県川北町、豊岡市、奈良県東吉野村、那智勝浦町、島根県邑南町、高松市、その他70市区町村

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く