人生をシンプルにする考え方!すべては「単純に!」でうまくいく

6296viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
すべては「単純に!」でうまくいく

モノ、金、自分をシンプルにすることで、ストレスが消え、人生もラクになる

あらすじ

 あなたに生きがいを与えられる人は、あなたしかいない。生きがいはあなたの中にあり、常に出番を待っている。充実した人生とはチャンスをつかみ、それを発展させることである。
 そして自分の居場所を手に入れ、そこであなたと周りの人が理想的に前進することである。充実した人生を送るには、自己愛と隣人愛のバランスが大事である。人生をシンプルにすればそれが可能になる。

人生をシンプルにすることは難しいことではない

 もともと人間は、物事をシンプルにする生き物である。本来あらゆる複雑な行動や発明は、物事をシンプルにしたいという気持ちから発している。
 庭付きの家を建てるのは、仕事を終えた後にのんびりしたいからである。食器洗い機は洗い物がしたくないから発明された。お役所ももめ事などが起きたときに解決できるように作られたものである。
 ところが、そのような意図は活かされていない。マイホームの手入れが住む人の時間を奪い、食器洗い機の取扱いに苦戦し、行政が一種の権力になっている。
 このようにシンプルであるための努力が、次から次へと複雑なモノを生み出している。この流れを変えることで、暮らしをシンプルにすれば、人生のあらゆる領域に心地よい空間ができる。

人生の様々な局面は大きく7つに分かれている

 最初はモノを順番にシンプルにしていく。これはあなたの持ち物すべてを意味する。もしあなたの机の上が見ただけでうんざりするくらい散らかっているなら、すぐに片づけるべきである。机が散らかっていると捜しもののために時間を浪費し、頭は混乱するからである。
 これを簡単にやる方法に4分円法がある。まず何もの載っていない机をもう一つ用意し、その上を以下の4つのスペースに仕切る。 

①捨てるもの

②人に任せるもの

③重要なもの

④特別な場所
 

 準備ができたら、自分の机の上にある物を、時計回りにもう一つの机に振り分けていく。1枚の紙といえども決して残してはいけない。

お金に対する考え方もシンプルな方がいい

 お金に対するまちがった思いこみがあなたの成長を邪魔している。一度お金に関する考えを整理し、気持ちをすっきりさせたい。
 多くの人が「幸せになるためにはお金が重要だ」と思っている。しかし、お金と幸せを混同してはいけない。今の幸せを犠牲にしてまずお金を手にすれば、将来幸せになれると考えるのは間違いである。本当は幸せだから裕福になれるのだ。だから自分にとって本当に大事なことだけに専念するべきである。多くの人が今の人生とは全く別の生き方を目指して無駄な努力ばかりしているが、それは間違っている。
 今の自分がすでに手にしている幸せを、もっと正しく評価して楽しむべきだ。これが幸せのカギだ。本当の豊かさは周りの人に受け入れられ、評価されることであり、お金で買えないものなのだ。

あなたが幸せか不幸せかは、あなたの置かれた状況で決まるのではなく、あなた自身にかかっている

 休暇中に浜辺でデッキチェアに寝そべっているときに幸せを体験することはない。幸せとは、むしろ心身共に限界まで張りつめたときに感じるものだ。内側からわき上がる好奇心がむらむら燃え上がり、身を焦がすような感激になることがある。本当の幸せを感じるのはそんなときだ。
 子どもが無心に遊びにふけるように、目の前の行為に没頭すると他のことはどうでもよくなる。すると水が流れるようにあらゆる行動は自然な流れとなり、まるで時間が止まったように感じられる。
 こうなるとすべてのことが勝手に動き出すようになる。このように、ある体験がすっきりと一つにまとまり、一つの流れとなって心理的にシンプルになったとき、人は本当の幸せを感じるものである。

感想

 日常生活をシンプルにすれば、それだけでもっと幸せになれると、本書はその具体的な方法を紹介しています。
 本書の内容は、自己啓発関連のノウハウ本のエッセンスを網羅しています。実は複雑なことを単純にすることには商機があります。例えばカメラが付くなど、複雑になる一方の携帯電話の世界では、反対に通話以外の機能がないことを売りにした携帯電話が登場しました。
 他にも「お見立て」と呼ばれる行為は、複雑な分野であればビジネスとして成り立ちます。ワインを見立てるソムリエがプロとして成り立つのは、ワインの世界が複雑で難解だからです。
 そもそも本書も、種明かしをすればそこに着目しています。「本の洪水の中から選りすぐりの著書を見立て、さらに内容をシンプルにしてお届けすれば、ビジネスパーソン諸氏が書籍を選ぶガイダンスになり、支持されるはずだ」そういう意図でまとめられたのが本書です。

すべては「単純に!」でうまくいく

すべては「単純に!」でうまくいく

  • ローター・J・ザイヴァート,ヴェルナー・ティキ・キュステンマッハー
この本の他のまとめを見る (全3まとめ)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く