なぜあの超優良企業はイノベーションを起こせないのか??

1253viewsGordian KnotGordian Knot

このエントリーをはてなブックマークに追加
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

1.背景・要約

ハーバード・ビジネス・スクールの教授を務めるクレイトン・クリステンセンが、1997年に発表した「The Innovator’s Dilemma」の日本語訳です。

「リーダー企業は優れた経営を行うが故にイノベーションを生み出せず失敗する」というジレンマを明らかにしています。
本書を理解するにあたっては、“持続的技術”と“破壊的技術”の違いをきちんと理解する必要があります。

“持続的技術“
製品の性能を高めるものであり、主流市場における顧客の要求に応えるもの。
“破壊的技術”
単純、低価格、高信頼性、便利であるが、持続的技術と比較して性能が劣っているもの。短期的には主流市場における顧客の要求には応えることができないため、新しい市場を必要とする。

私たちに身近な例で示すと、固定電話に対する“破壊的技術”が携帯電話、ノートPCに対する“破壊的技術”がスマートフォンといえます。

2.本書の3つのポイント

ポイント(1) 顧客の声に真摯に耳を傾ける。そして失敗する。

実績ある企業は主要顧客の要求を正確に把握し、その要求を満たすために技術開発を行う能力は非常に長けており、こうしたプロセスを踏むことによって主要顧客に受け入れられ、利益をあげています。

つまり、“持続的技術”の領域においては、顧客の声を聞くことが成果をあげる重要な要件となります。

ただ、こと“破壊的技術”となると事情が変わります。

“破壊的技術”にはまだ明確な市場が存在しません。顧客の声を聞こうにも顧客自身もそれが欲しいかどうかよくわかっていません。

実績ある企業は顧客の貴重な意見に従って「“破壊的技術”には市場がない(=顧客は求めていない)」と判断し、新規参入企業に遅れを取ってしまうのです。

ポイント(2) 優秀な企業は優秀であるがゆえに自ら首を絞める。

実績ある企業は、規律のある資源配分プロセスがきちんと機能しているために成功を収めています。
これが機能するということは、顧客が求め、高収益が見込める案件にしっかり資源を配分することができているということであり、優れた経営がなされていることを意味します。

しかし、まさにこの優れたプロセスこそが、企業のイノベーションを妨げる要因なのです。

“破壊的技術”は顧客から必要とされているといったはっきりした裏付けもなく、市場見通しも不明です。
そうとわかったら、規律ある資源配分プロセスは「そんなものにカネを使っている暇はない」と判断し、“破壊的技術”は当然の如くはじかれてしまうというわけです。

ポイント(3) 破壊的イノベーションは独立組織に対応させる。

クリステンセンは組織にできることとできないことは、資源、プロセス、価値基準の3つの要因から決まると説明しています。

組織は自らの価値基準に従って優先順位を決め、資源を価値ある製品に変換(プロセス)して価値を生み出している、ということです。

この3つの要因のうち、資源には柔軟性がありますが、プロセス&価値基準には柔軟性がありません。

そのため、“持続的技術”を促進させるプロセス&価値基準を持つ企業の中で「“破壊的技術”によるイノベーションを起こせ!」といくら叫んでも無理があるのです。

これに対処する1つの方法として、クリステンセンは組織をスピンアウトさせて独立させるべきと説明しています。
スピンアウトの目的はプロセス&価値基準を独立させるためであり、柔軟性のある資源自体は親会社が投入してあげればいいのです。

感想

オススメ度 : ★★★★★★

「偉大な企業はすべて正しく行うが故に失敗する」という大げさな謳い文句で紹介されている本書ですが、緻密な論理で見事にこの点が証明されています。

「目から鱗が落ちる」とはまさにこういうことだと感じられる本であり、何十回も読もうと思える本です。

こういうビジネス書を読むとわくわくしてきます。
名著と呼ばれる本は、いつの時代になってもそう呼ばれるに相応しい価値を持ち続けていると感じます。

膨大な数の内容のないビジネス書が溢れているせいで「ビジネス書は実務ではまるで役に立たない」という考えもお持ちの方もいるかと思いますが、本書はそんな考え方を変える1冊になるのではないかと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く