★★★★☆

1513viewsゆいゆい

このエントリーをはてなブックマークに追加
THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)

●特別な女性になること
・けして卑屈にならない
・あなたに興味のない相手とはけっしてデートしない
・妥協したり、男性をおいかけまわしたりしない
・つらいことがあっても次、次。楽観主義で。
・あなたがどんな女性なのか相手に詮索させる
・まるで自分は女優であるかのように振る舞う
・私を手に入れる人はラッキーと自分に言い聞かせる

●最初にこちらから話しかけてはいけない
(踊りに誘うなどもってのほか)

●男性をジロジロ見たり、喋りすぎたりしないこと

●デートの待ち合わせ場所を、お互いの中間地点にしないこと。
 デート代は割り勘にしないこと
・男性はあなたのために予定を変更して、あなたに会いに来るべき
・男性はあなたに会うために努力するのが楽しいもの。
・中間地点で会おうとしたり、自分の都合のいい場所に女性を呼び出したりするような男性は、思いやりがなく、融通の利かないケチな奴である場合が多い
・あなたのために使った食事代、映画代、交通費はあなたと一緒にいるための代価。
 あなたは誇りに思い、喜ぶべき。決して罪悪感を感じてはいけない

●こちらから電話をかけないこと。

●電話の会話はこちらから終えること

●土曜日の夜のデートの申し込みは水曜日で締め切る

●デートの直前まで忙しくしていること
・女性はよくデートに過大な期待を抱いてしまうので。

●最初の三回のデートでの、正しいふるまい方
・デート前はできるだけ彼のことをかんがえないように
・三回目のデートまでは、彼と親しくなろうと焦ったり、馴れ馴れしくあなたの日常についてしゃべりすぎてはいけない
・彼のことが気に入ったら、デートはこちらからおひらきにする
・無難にする

●そして四回目のデートから、決断のときまでの振る舞い方
・少しずつ自分を出す。が、スポットは彼に
・本音をずっと隠す必要はない。愛の告白をされたあとは、あなたの地のままに振る舞ってもかまわない。男性は、最初の数か月のデートの印象を永遠に抱き続けるもの

●デートはこちらからおひらきにすること

●誕生日やクリスマスに、ロマンチックな贈り物をくれないような男性とは付き合うのをやめなさい

●彼に会うのは、週2回まで

●最初のでーとでは軽いキスまで

●あまり急いでセックスに走ってはだめ

●彼にあれこれ指図しないこと

●男性が変わるだろうと期待してはいけない

●あまり急いで打ち解けないこと

●誠実に、でもミステリアスに
・男性は謎解きがすき

●個人広告の正しい書き方
・評判になった広告のキャッチフレーズを参考にする
・短くて、語呂がよく、心をくすぐるもの
・もちろん嘘は書いてはいけないが、自分を蔑むような自身のない部分は単にカットすればいい
・タイプの男性は遠慮なく正直に書く

●同棲したり、彼のマンションに自分の荷物を置いたりしないこと
・同棲は結婚することが決まっていたらOK

●不倫はやめておきましょう

●ひたすら練習あるのみ!
・相手があなたを思っている以上に相手にのめり込んだ場合、傷つくことになる
・もともとあなたに興味ない相手に、愛情を求めれば求めるほど女性は不幸になっていく
・自分に興味がない人々もいるという事実を冷静に受け止め次に向かう

●恋の法則
・あまり連絡をしない
・こちら側からセックスをねだらない。逃げてみては?
・いつもお洒落でセクシーに
・自立した女を演じる
・趣味に没頭

●恋の法則を実行できれば・・・
・ことあるごとに贈り物をしたがる
・かまってあげないと彼は怒る
・なるべく一緒にいたがる
・常にあなたを守ろうと目を光らせる
・話をすると、真剣に耳を傾ける

●あなたを愛してくれる人だけを愛しなさい
・自信と余裕をもつこと。じたばたしない

●一緒にいて心地よい女性になること
・能天気を装う
・優しい心、配慮
・彼の欠点には目をつむり、自身を持たせ、彼がどんなに素敵かいつも口に出す
・自分にも彼にも、環境にもいつも満足しているという態度をとる

●大切な十二の秘訣
・デートに誘われたら即答せず、間をおく
・電話するのは我慢。彼があなたを愛してれば、どのみちかかってくる
・期待と違うデートでも能天気に
・マンネリ化し始めてると感じたら旅にでる
・「男とんなって何が起こるか分からないからなぁ」など、からかわれても無視
・シェイプアップには決して手をぬかないように

THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)

THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)

  • エレンファイン,シェリーシュナイダー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く