知ったかぶり厳禁!間違って解釈していた?名言

1362viewsさんぽさんぽ

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日の自分を超える「名言全文」

聞き慣れて知ったつもりになりがちな名言ですが、
その続きを読むと今まで思い込んでいた一般的な解釈とは違い、
より深みがあり人生の糧になる新たな発見があります。

1番印象に残った名言

「健全なる精神は健全なる肉体に宿る。もしも神に祈るとすれば、頑健な体に健全な魂があるように願うべきである。」ユウェナリス 古代ローマの風刺詩人

一般的に知られているこの名言の前文「健全なる精神は健全なる肉体に宿る。」
健全なる身体を作れば健全な精神が宿るという意味だと思っていましたが、
実は全文を読むともっと奥深い解釈が出来ます。

この名言の続きの背景には、当時のローマ市民の私欲にまみれ、
身勝手な生活ぶりが反映されているそうです。

物・欲にあふれて何かと過剰になりがちな社会において、
心身の健康を祈るぐらいの謙虚さが必要だとの戒めが表現されています。

物質主義・スピード重視の現代社会において、心身の健康ほど大事なものはないのではないかと
思います。

2番印象に残った名言

「成せば成る為せば成る 為さねば成らぬ何事も
成らぬは人の為さぬなりけり」名将 武田信玄

単純に「やればできる」といった意味だと思っていましたが、
行動や努力をせずに最初からできないとあきらめてしまうから結果が出ない
という内容のようです。

何かしてみたい事がある場合は、関連本を読む・実現出来る場所に行く・その分野で憧れる人のセミナーに行ってみるなどまずは一歩 踏み出す事で、その一歩から新たな何かが産まれる事は存分にあると思います。

感想

文字が大きくて読みやすく内容もわかりやすいので、気軽に楽しめる本です。
偉人がその名言を発した時代背景・思想などの紹介もあり新たな知識を得るきっかけになりました。
一般的に解釈されているような単純な意味ではなく、もっと現実味を帯びた今後の人生を生き抜く為のヒントを先人の知恵から得る事が出来ます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く