SAS(スカンジナビア航空)の経営の考え方

2019viewskaoko27kaoko27

このエントリーをはてなブックマークに追加
真実の瞬間―SAS(スカンジナビア航空)のサービス戦略はなぜ成功したか

経営者(リーダー)の条件

従業員へ指令をくだすタイプのリーダーではなく、
従業員に決定権を譲渡し、サポートできるような環境をつくるリーダーへ。

▽そのために必要なこと
・経営ビジョンの共有
(ベクトルあわせ)
・役割の明確化
(経営サイドからは目標達成の要求、従業員からは目標達成に必要なモノ・人材の要求)

第二の波(目標達成後の課題)

「平和に勝つのは、戦争に勝つことよりも難しい」
組織をまとめ、従業員の士気を上げるためには共通の脅威(課題)の存在が必要。

現状の仕事で

企業本位になっているサービスを顧客本位のサービスに見直すことがMSの目的。
経営戦略における課題を見つけることができれば、改善提案に説得力がでる。
・セグメント
(例:年齢層、性別、エリア、志向性、など)
・自社の強み/弱み

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く