フォトリーディングを実践する5つのステップ

2601viewsktakuktaku

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事に活かす! フォトリーディング (PHPビジネス新書)

1.準備

・目標を明確にする→目的を持つと「ムダ」がなくなる
・ミカン集中法→肉体的にも精神的にもリラックスする

2.予習

・目次、題名、見出しなどに目を通す
・予習程度の情報接触で留めておくことで、情報に対する渇望感を抱き、フォトリーディングを実り多きものにしてくれる

3.フォトリーディング

・リラックス
・アファメーションを行う→できるという自己宣言
・フォトフォーカス状態に入る

4.復習

・トリガーワードを見つける
・質問を作る

5.活性化(アクティベーション)

・マインドマップをつくる
・高速リーディング

アウトプットを意識すれば、スピードも自然と上がってくる。

アウトプットの場面から逆算して考え、インプットを行う。

自分にとって本当に必要な機能は何か、便利な生活になればなるほどそれを見極め、割り切った活用法を考えなければならない。

あれもこれも完ぺきにと望むよりも、まずは自分が成果として実感できるものを確実につかめば、それは大きな第一歩であり、一生の財産となるだろう。

無駄だらけの私たちの行動を、より効率的に律する方法はただ一つ。1つ1つの行動すべてにおいて「何のために今私はこの行動を行っているのか」「今、私は何を行わなければならないのか」など、全ての行動についてその目的を明確にすることである。これに尽きる。

「時間がない!」と思いがちな人は、自分に関係ない情報や、必要でない情報の処理に追われていることが多い。

達成したい目的を徹底的に明確にすることに時間を割いてから本や資料をとることが重要だ。

一部の段落で全てを深掘りしてしまうと時間はいくらあっても足りなくなる。

マインドマップに落とし込むことによって、、一度自分の中で情報が整理される。
また、そうすることによって理解度がぐっと深まる。

雑念とうまく付き合って、「結果として集中しているが、無理して集中状態にこだわらない」というスタンス。

出てくる感情をありのままに観察しつつ、受け入れる方が結果として集中しやすい。

長期の見通しが立てやすいグーグルカレンダーでスケジュール管理
書き込む際に、調整可能な物と不可能な物を色分けしておく。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く