億万長者が実践しているお金持ちになる成功の法則

4700viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
となりの億万長者―成功を生む7つの法則

金持ちに共通する成功法則

投資や税務に関しては高い金を払えば必ずそれだけのことがあると金持ちは考える。

所得税こそ最大の敵:資産を築くには、課税対象となる現金所得を最小限に抑え、含み益(現金を伴わない資産価値増加)を最大限にすべき。

頻繁に取引するのは、億万長者出ない人の方が多い。頻繁に取引する人は、当誌研究に賭ける時間よりも、取引自体に時間をかける場合が多い。

勧誘する証券マンを求職者として考える。選ぶときは信頼している税理士の紹介を受ける.

私は特に急いでいませんので。もし値下げすることがあったら電話をうだ際。この値段だと、この何週間かの間に見て回ったディーラーの価格と変わりませんから。

子供に与えられた金は貯蓄よりも消費に使われる。親から経済的援助を受ける人は、自分の財産と親の財産を同一視する傾向がある。

経済的援助を与えれば与えるほど子供は資産を蓄えず、援助が少なければ少ないほど資産を築くようになる。

子供に両親が金持ちだと絶対に教えない。どんなに金があろうと、子供には倹約とけじめを教える。子供や孫に何を遺産に与えるつもりか、なるべく話さないこと。現金や高価なものを駆け引きに使わない。

相続税を軽減するために、金持ちは生前に資産を子供に分け与える。贈与税がかからない範囲で贈与する。

投資パフォーマンスが常にいいのは、目新しさのない普通の会社。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く