ジブリ作品はきっとここから生まれている。

2283views国中千鶴国中千鶴

このエントリーをはてなブックマークに追加
本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

宮崎駿監督が児童文学について書く。

冒頭で宮崎駿監督は、おすすめの児童文学を50作品挙げています。
その中には、今年映画が公開された『思い出のマーニー』や、『借りぐらしのアリエッティ』の原作である『床下の小人たち』も含まれます。
名前を聞いたことがあるような作品から、全然知らない作品まであって、そこには監督自身が書いた紹介文が添えられているので読みたくなります。
読んだことのある作品でも、大人になってから読むとまた違う感想を持つのかもしれません。
もしかしたら、ジブリの源流は児童文学になるのかもしれません。

その後、本の中で宮崎監督は本の思い出についてあれこれ書いています。
ストーリーのことについてはもちろんなのですが、挿絵についてもあれこれ書いているのが面白いです。
本を読んでも、あまり挿絵に興味を持つことってなかったかもしれません。
絵としてもっと見てみると面白そうです。

最後の「風が吹き始めた時代」という、現代社会についての考察も非常に興味深く読めました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く