「認知的錯覚は克服できますか、とよく質問される。 ・・・・・・あまり期待はできそうにない。」

1396viewsさといもさといも

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?

第3部 自身過剰(承前)
 第22章 エキスパートの直感は信用できるか
   直感とスキル
 第23章 外部情報に基づくアプローチ
   なぜ予想ははずれるのか
 第24章 資本主義の原動力
   楽観的な企業家
第4部 選択
   効用は「参照点」からの変化に左右される
   「参照点」と「損失回避」という二つのツール
   使用目的の財と交換目的の財
   利益を得るより損失を避けたい
   私たちがリスクを追うとき
   「分母の無視」による過大な評価
   リスクを伴う決定を総合的に扱う
   日々の生活を切り盛りする「心理会計」
   単独評価と並列評価の不一致
第5部 二つの自己
 第35章 二つの自己
   「経験する自己」と「記憶する自己」
 第36章 人生は物語
   エンディングがすべてを決める
 第37章 「経験する自己」の幸福感
   しあわせはお金で買えますか?
 第38章 人生について考える
   幸福の感じ方
結論

感想

二つの自己のどちらがより重要かという問題は、哲学者だけが取り組むべきものではない。
医療や福祉をはじめ、多くの分野の政策にもかかわる問題である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く