片付けはモノの本当の役割と片付ける順番が大事

1324viewsrikacrikac

このエントリーをはてなブックマークに追加
人生がときめく片づけの魔法

片付けとは

2つのやるべきことと順番

  • 1. モノを捨てるかどうかを見極めること
  • 2. モノの定位置を決めること
  • 捨てるものを見極めるまで収納法は考えてはいけない

片付けのゴール

  • 全てのモノの定位置が決まった瞬間

まずは捨てるを終わらせるために

片付けのコツ

  • 「一気に」「短期に」「完璧に」
  • まずは「捨てる」を終わらせる

始める前に理想を明確にする

  • 片付いた部屋の様子を明確にイメージ出来るようにする
  • そして「なぜそのような部屋で生活をしたいのか」を考える

「捨てる」のではなく「残す」を決める

  • 片付けで本来選ぶものは「捨てるモノ」ではなく「残すモノ」

モノを残すかどうかを決める基準

  • 「触った時に、ときめくかどうか」

絶対やってはいけないこと

  • 場所別に片付けること
  • モノのカテゴリー分けができていることはまず無い
  • なので「モノ別」で行う

1つのカテゴリーごとにやること

  • 床に全てを広げて、持っているすべてのものを把握する
  • 1つづつ手にとって、ときめくものだけを残す

取り掛かるカテゴリーの順番

  • 1.衣類
  • 2.本類
  • 3.小物類
  • 4.最後に思い出
  • ときめかないけど捨てられないものは、本当の役目を考えてあげる

カテゴリ別テクニック

衣類

以下の順で取り組む

  • 1.トップス
  • 2.ボトムス
  • 3.上着
  • 4.靴下
  • 5.下着
  • 6.小物
  • 7.イベントもの(浴衣、水着)
  • 8.靴

本類

  • 本棚からも全て出すこと
  • 触るだけで判断して、決して読み返さないこと
  • 未読の本、読みかけの本は自分にとってその程度だったということ
  • 「いつか読もう」は今すぐ手放すこと

書類

  • 「今使っている」「しばらく必要」「ずっと置いておく」以外は手放す
  • 分類は「未処理」「保存(契約書)」「保存(契約書以外)」の3つのみ

小物

以下の順に取り組む

  • 1.CD/DVD類
  • 2.スキンケア用品
  • 3.メイク用品
  • 4.アクセサリー
  • 5.貴重品(印鑑、通帳、カード類)
  • 6.機械類(電気を使用するもの)
  • 7.生活用具(文具、裁縫)
  • 8.キッチン用品・食料品
  • 9.その他

定位置を決める

  • モノの分類は片付けと同じカテゴリー順で行う
  • 使う場面とか、使用頻度とかは考えず、モノの種類で分ける

収納テクニックあれこれ

  • 散らかる原因は元に戻せないから。使い始めよりも元に戻す時の手間を省くことを考えるべし。
  • 使用頻度は、高いものが必然的に手前に来るので考えなくていい
  • タテられるものはタテる。積み重ねるのは避ける
  • 収納の中を自由な空間にする。ポスターなどを貼るのは自由。
  • 安い時に買いだめするのは逆効果。倉庫代をお店に払う気分で。
  • 「探す必要がない」ことのストレス軽減効果は絶大
  • 感想

    精神論的なところも多いが、気持ちが大きく関わるものなので仕方がない。
    そして、その気持ちに影響しない片付けの順番や、細かいテクニックも書かれており、
    本当にこれ通りにすれば、理想とする状態に片付けが出来るだろうと確信できる内容。
    ただし、まだ実行していないので真偽の程は不明。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く