本が10分で読める!? 夢の速読「10分間リーディング」の方法

3384viewshalmahalma

このエントリーをはてなブックマークに追加
10分間リーディング

PART1 10分間リーディング

○読む時間は1冊10分と決めてしまう
時間を制約するこおで集中して読もうとする意識が働く。

○読む前に、「第2のタイトル」をつける
それだけで、読む目的(ゴール)を最初に決められる。
EX.私が()するための()のポイント

○すべて読まなくていい。3つのキーワードを拾うように読む
①人名②数字③造語(新語)

○この本から得ることは1つと決める
2つのテーマが存在する場合、
新しいタイトルをつけてもう一度読む。

○目次はじっくり読む
道しるべとなる貴重な情報である。

○「はじめに」は買う前に読む
「はじめに」は本の紹介ページ。

○「誰かに伝える」つもりで読む
読む前にアウトプットの場を決めておくと読書の質はアップする。

○同じジャンルの本を10日連続で読む
知っていることが分かればスピードも上がる。
他の本に書かれていない「差分」がわかるようになる。

○価格の高い本を読む
価格が高い=他の人が読んでいない

○レファ本に触れる
レファ本=白書、教科書、辞書、年鑑、辞典

○読む本を迷ったら翻訳書を選ぶ
翻訳書=海外で評判がいいから翻訳された可能性が高い

PART2 10分間レコーディング

○読書ノートの作り方
本から抜き出す内容は3つ
①新しいフレーム
②人に話せる引用句
③第2タイトル×PE(ポイントや事例、比喩)

○やってみたいことをアクションリストにして持ち運ぶ
1冊につき1つだけやりたいことを決める。

○ウェブ上に自分の本棚をつくる
欲しい本をブクログ等に登録し、書店で探すときに活用する。

PART3 ノマドリーディング

○サムシングという読書補助機を使う。
指一本でページを広げる便利グッズ。

○本棚にはバッファーを設ける
バッファー=予備の空間
本棚に隙間がないと本を読まなくなる

ワンランク上を目指すReading3.0

○2分間のプレゼンにまとめる
①全体像を伝える
②具体例を多用しすぎない
③反論される前に言い訳しない

○ブログはハンバーガー
①パン=自分が読むときに感じた疑問、質問、目的
②肉=ポイントを本から抜粋
③パン=感想や疑問への回答
の順で書く。

○1日1つ、引用句を使う
引用句は使っていないといざと言う時も使えない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く