「ごめんね」を上手に言う方法は? と書かれた帯にひかれて購入 お子さんと是非!

1954viewsenoenoenoeno

このエントリーをはてなブックマークに追加
こころのふしぎ なぜ?どうして? (楽しく学べるシリーズ)

タイトルにあるように「ごめんね」を上手に言う方法は大人でも難しいですよね。ましてや、子どもには理解不能の領域。ですので読んでみました。以下、少しでも興味を持っていただけたらと思えるキーワードです。

・心のふしぎ
– 心ってどこにあるの?
– 大人になると心も大きくなるの?

・いのちのふしぎ
– どうしてわたしは、この町にすんでいるの?
– 人は、しんだらよみがえらないの?

・かぞく・友だちのふしぎ
– 「ごめんね」がうまく言えない
– 「いそがしい」って何をしているの?
– お母さんの作るごはんは、なんでおいしいの?

・ルールのふしぎ
– おかたづけしたくない!いやなことは、やらなくてもいいんじゃない?
– クラスにいる、わるい子たち。どうしてそんなことをするの?

感想

タイトルにあるとおり、帯にひかれて購入。漢字には全てふりがなをふってあり、小学校低学年ぐらいまでに一緒に読むと良いと思いました。「ごめんね」を上手に言うには? 他にも、いじめられたら、どうしたらいいの?など身近に起こりうることを分かりやすく説いている1冊ですので、特に低学年のお子さんを持つ親御さんには是非お子さんとご一緒に楽しみながら読んでみてください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く