結婚は「嗜好品」???

1430viewskimidori608kimidori608

このエントリーをはてなブックマークに追加
普通のダンナがなぜ見つからない?

<”結婚”を阻むファクター(個人)>
・「普通の~」とはいうが、普通の人間を50%と仮定し、かりに普通のルックス、普通の身長、普通の年収・・・と掛け合わせていくと、50%×50%×50%×・・・と限りなく相手は少なくなっていく。
 謙虚なつもりでいっているこの言葉が、隠れた前提に気づかせない、思考停止ワードとなっている。

・合コンは時間の無駄
 デキる男性にとって、女性に選定されるだけで、費用も時間も食われる合コンはお金と時間の無駄。
 それよりはビジネスランチをして、年収をアップしたほうが結果的にモテる。

・不倫は大敵
 不倫は結婚の何よりの敵。
 貴重な時間が失われていくとともに、男性を見る目が肥えてしまい、他の独身男性への興味が薄れる。

<”結婚”を阻むファクター(社会)>
 お見合いはかつての1/10に。よっぽどのノックアウトファクターがなければ成婚に至ったかつての結婚のインフラが激減したことを示している。これは合コンや紹介でも埋められない。
 

 少子化を測る度合いとして合計特殊出生率があげられる。
 近年、夫婦間で作る子供の数が減少しているわけではない。
 だが、結婚するカップルの数自体が減少しているせいで、出生率は落ちている。

 40代の男女は、男性は若い女性(20代)を求め、女性はより高収入でいけてるシニアを求めるが、そういう男性はすでに既婚。
 なので、40代同士のミスマッチは大きい。

<それでも結婚に至るためには?>
 男性が結婚を意識するタイミングは、
・自分の病気
・親の病気

 女性からのプロポーズは72%がOK。
 女性から「私が幸せにしてあげる」というのは最強のプロポーズ。
 責任感が強く、迷っている男性の後押しとなる。

 必死で探して、ちょっと気が抜けた半年~1年後ぐらい軒が抜けたときに見つかることも多い。
 ずっと自然体、ではなくそれなりにやることをやる必要はある。

 市場価値が低いと思われがちなバツイチの女性は成婚する率が高い。
 これは相手に「惚れ力」が強いためと思われる。
 成功するためには、柔軟性があり「ガンコじゃない」ことが大切。

感想

 あくまでも「成婚」が目的であり、そこに至るためのあれこれがかかれている。
 若干、数字の使い方が強引強引な気がするものの、
 男性と女性の求めるものの違い、お見合いというインフラの激減、結婚はが「嗜好化」する中での心構えが興味深かった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く