インバスケット思考 -究極の判断力を身につける-

2189viewsKazSKazS

このエントリーをはてなブックマークに追加
究極の判断力を身につけるインバスケット思考

インバスケットはシミュレーション・ゲームである

インバスケットは、架空の役職になりきり、制限時間内に、未知の、未処理の案件を的確に処理するゲームです。たいていの人は、持っている能力を十分に発揮せずに、日々過ごしているものです。その「潜在能力」(=火事場のバカ力)は、火事の現場でしか出ません。火事場でどのくらいの力が出るかを見るには、「火事場」をつくるしかないのです。

60分で20案件を処理するには?

本来するべき仕事をしないままでいると、それは案件を増殖させます。解決しない限り、コップに落ちてくる水滴を止めることはできないのです。その解決方法が、優先順位をつけることです。どの案件から先に処理をおこなうべきか、正しい基準で優先順位をつけることで、本来しなくてはならない仕事を確実に処理できます。

インバスケット・トレーニングのルール

ゲームを楽しむにはルールがあります。ルールは以下のとおりです。

  • 主人公になりきる
  • 時間を意識する
  • 自分自身の実力で考える
  • 絶対的な正解がないことを理解する
  • 感想

    案件が手書きメモのケースもあれば、メールのケースもある。書き方もばらばら、それでも処理しなければならない。限られた選択肢から最善手を瞬時に判断するトレーニング書として、良いと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く