カイジ「命より重い!」お金の話 -浪費を加速させる思考-

1404viewsKazSKazS

このエントリーをはてなブックマークに追加
カイジ「命より重い! 」お金の話

各章について

第1章 給料が少ない…?現実を見ろ!

日本の給与システム、雇用環境はどんどん変わり始めています。残念ながら、私たちの収入は、自然に上がっていくとは考えにくいのが現状です。しかし、世の中や私たちの思考は、浪費を加速させるようにできています。今こそそのことに気づき、真実の豊かさを追求するかしこい消費者になるべきなのです。

第2章 金は、自分で守らねばならないのだ!

お金の貸し借りで気にしなければいけないのは、実際にいくら利子を支払うか/もらえるか、です。借金をすると、月々いくらかずつ「返済」していきます。「返済」として渡しているお金には、「元金」と「利子」の二つが含まれています。「返済」したお金が、どちらであるか知ることは、とても重要です。借金を減らすには、元金を減らさなければいけないのです。

第3章 知らないやつは、勝負の前に負けている!

ギャンブルと投資はある一面で非常によく似ています。その根本は、「1円の支出に対して1円以上のリターンを稼ぐ」ということです。勝負に出るのは、「期待値が高いギャンブル」です。致命的に負けて再起不能になってしまうのは、自分の行動/投資のリスク管理ができていないからです。最大でどのくらいの損が発生する可能性があるのかを知り、その損失を減らすことはできないか、を考えること、それが投資の大原則です。

第4章 圧倒的勝利を呼ぶ、マネー思考を身につけろ!

経済学は、「完璧な人間」の行動や考え方を理論にしています。当然、現実の人間との間に差が生まれます。その一つに「サンクスコスト」という考え方があります。「サンクスコスト」とは、もう支払ってしまって、返ってこない費用のことです。返ってこない費用であれば、今後の判断の材料にしない、というのが経済学の鉄則です。過去に囚われていると、ベストな判断ができなくなります。「もう後には引けない」という感情は理解できますが、ゼロベースで考えるべきなのです。

感想

地下帝国や沼の場面が載っています。カイジを知っていると、楽しめるかと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く