人生で最も差が開く10年を後悔しないために。

2077viewsYonesuYonesu

このエントリーをはてなブックマークに追加
30代を後悔しない50のリスト

「主役」としてはじめて表舞台に立つ30代。転職、独立、結婚と、重要な選択も迫られる。人生の土台ともなる10年間を後悔しないために、向き合うべき50のリストから、印象的だった部分を抜粋した。

誰と付き合うのか真剣に考えるべきだった

ネガティブな集団心理から抜け出し、ポジティブエネルギーに交わる。

稼ぐ力を身につけたかった

実務能力、共感力、自分プレゼン力を身につける。

コミュニケーション能力を高める努力をすればよかった

対人関係に敏感になり、人と深く関わることが求められる。メンバーと協力出来るコミュニケーション脳力には、「口」より「目」と「気」を使う。

雑談力を身につけたかった

雑談の目的は、相手の人となりを知り、こちらの人となりを知ってもらい、相手の置かれている環境や立場、物事を考えるときに大切にしていることを知る。話の広がる3つのセオリー、「相手が喜ぶ話題」「素朴な疑問」「共通の話題」を振る。

正しい努力が出来なかった

選択と集中をして、無駄なことには時間を掛けない。営業の場合、アプローチ用意、アプローチ、ヒアリング、提案・プレゼン、クロージング、フォローというプロセスの中で、成否を決めるのは用意とヒアリングなので、そこに最も手間ひまをかける。

感想

人生の転換期とも言える30代。問題意識を持って行動するかどうかで今後に大きく差がつく。本書にて、課題となりやすい項目を何度も読み返して、意識しながら行動しようと思った。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く