あまりおどろおどろしくない、ライトな風味の金田一をお楽しみください

978viewsみるく抹茶みるく抹茶

このエントリーをはてなブックマークに追加
悪魔の百唇譜 (角川文庫)

あらすじ

車のトランクから発見された遺体の傍らには、トランプのクイーンが。彼女をゆすっていたらしい男も、同じように刺殺体で見つかりやはりトランプのジャックがそばに。犯人は、嫉妬に狂った女の夫なのだろうか。金田一耕助の推理が冴える!

金田一、といえば田舎の旧家・因習の血の匂い・座敷牢・といったイメージがあるのですが、この作品は舞台は東京です。密室のトリックでもなく、時刻表を使ったアリバイ崩しでもない。トランクの中の血まみれの死体にトランプ、というビジュアルの美しさはあるものの平凡な感じがします。どちらかというと、松本清張の社会派ミステリの匂いがします。そして、金田一がずばずばと謎を解いていくスカッとした後味も少なめ。犯人が、「え?そうなの?」という意外性はありますが。

感想

ちょっと、肩すかし。やっぱり私は何年にもわたるドロドロした思いが募っての事件、という横溝ワールドが好きです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く