21日間、不平不満を言うのをやめてみよう。人生が楽しくなるよ。

9184viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

私のところには成功を報告するメールや手紙が毎日送られてきます。

この人たちがしたことは、下記を21日間続けること。
① どちらかの腕にブレスレットをはめる
② 自分が、不平不満や人の悪口やゴシップを口にしているのに気づいたら、ブレスレットをもう一方の腕にはめ換えて、再スタートする。

新しい行動を習慣にするには、21日かかる。

自分が不平不満を口にしているのに気づかない段階

われ不満言う、ゆえにわれあり

◆ 傷つけるものは傷ついている
不平不満とは、悲しみや苦痛や満たされない思いを表現すること。
◆ 発する言葉がすべてを引き寄せる
不平不満を言うのをやめましょう。言葉を変え、考え方を変えれば、人生もまた変わります。
◆ 21日間の達成をめざそう
「いつか、世間が成功と呼ぶに値することを成し遂げたいと思う。誰かが、どうやって成功したのかと聞いたなら、転んだ数より一つ多く立ち上がったのだと答えるだろう」。
何度でも何度でもやり直す。

不平不満を辞めれば健康になる。

◆ 不満を言っても問題は解決しない
◆ 体もあなたの不満を聞いている
健康について愚痴をこぼすとき、あなたが口にするネガティブなコメントを、体も聞いています。愚痴をこぼしているとき、自分はガソリンをかけて火を消そうとしているのです。

自分が不平不満を口にしていることに気づく段階

不平不満を言わないと人間関係がよくなる

◆ 不平不満は伝染する
似たもの同士、つまり不平不満ばかり言う人間同士、感謝の気持ちを持つもの同士が引き合う。

◆ 人の噂をしてもよい時
① そこにいない人を話題にしていても、それが褒め言葉である。
② その人に関して言った言葉を一言一句、その人の前でも繰り返すことができる。

◆ 相手の気になる欠点は自分の欠点
あなたと一緒にいる人たちが頻繁に不平不満を言うなら、あなたもまた、悲しいこと、不満などを習慣的に話していませんか?

◆ あなたは人を変えられない
人を変えたいのなら、まず自分が変わらなければならない。
「世の中全体をきれいにしたいと思ったら、まず自分の家の戸口を掃くことから始めよ」

すべてはあなたの中にある

◆ 犠牲者は勝利者にはなれない
心が不安定な人間、自分の価値や重要性に確信が持てない人間は、自慢したり、不平不満を言います。

◆ 試練の多い人生だからこそ成功する
成功した人物の自伝などを読むと、彼らは試練の多い人生にもかからわらず成功したのではなく、試練の多い人生だからこそ成功したということがわかります。

意識すれば不平不満を口にしないですむ段階

不平不満よりも沈黙を選ぶ

◆ あってほしいことに注目する
現状に対して不平不満を言うより、何が欲しいのかをはっきり言うほうが、欲しいものがより確実に手に入る。

◆ 地獄を天国にできる
あなたのまわりの人々や出来事を、前向きのエネルギーが出るような言葉に置き換えてみてください。彼らの存在が苦にならなくなり、むしろ恵みであると考えられる。

非難する人と評価する人

◆ 非難せず笑顔で手を振る
◆ 人はみな認められたい
効果があるのは一緒にチャレンジする仲間を誘うことです。

無意識に不平不満を口にしない段階

お金に注目する代わりに、自分の生き方や口にする言葉の価値にもっと注目すれば、恵みが引き寄せられてきます。
誰かがしてくれる小さなことにもよく気を付けて、感謝の気持ちを持つことです。そういう人には、そういうことがますます多く起こるようになります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く