考えずに、心を楽にする5つの方法

15136viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
責めず、比べず、思い出さず―禅と大脳生理学に学ぶ知恵

考えずに、心を楽にする5つの方法

「考えないこと」で心を楽にする。

  • 「私たちは本来、仏心と呼ばれる、永遠に続く、あくまで清らかな心を持っています。しかし、妄想、煩悩、執着の雲がこれを取り囲み、この心の発揮を妨げています。もし、自分を責めるようなことがあればこの妄想の雲をますます厚くするだけです。そうなると、心の光は全く消え去り、苦しみ、悩みの心になります。私たちの究極の目標は、心が楽になることです。それには、「考えないこと」が、もっとも大事だと言っても過言ではありません。考えない、思い出さないために、呼吸も座禅も写経、読経もあると言ってよいのです。心を楽にするためには、何でもしましょう。そして、余計なことを考えないで生きるようにしましょう」

心を楽にする5つの方法

1.前向きな「心」で明るく生きる
2.「プラスの言葉遣い」をしていく
3.呼吸を変える
4.座禅
5.写経、読経

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く