元気がないヤツはこれを読め!きっとアメリカから元気もらえるぞ!!

1432viewsyukiyuki

このエントリーをはてなブックマークに追加
逆境を笑え 野球小僧の壁に立ち向かう方法

内容と感想

元ソフトバンクホークスの選手であり、今はトロントブルージェイズの川崎宗則。ブルージェイズでも、ソフトバンクでも「ムネりん」の愛称で親しまれていました。イチローの愛弟子としても有名ですね。

そもそもこの本を読もうと思ったのは、タイトルと表紙の写真に魅かれたからです。この表紙の写真のムネりんが「逆境を笑え!」と本を手にとった自分に語りかけてきそうな感覚を覚えたからです。

しかも、サブタイトルのあるワードがムネりんにぴったりなんです。「野球小僧」っていうワードがね。確かにソフトバンクのときは「福岡のプリンス」とちまたでは言われてたし、シーズン記録の一つである「盗塁王」「最多安打」のタイトルも獲得しています。

でも、大リーグに行ってからのムネりんは「野球小僧」という言葉がすごく似合っているような気がします。野球に対して一生懸命取り組んでいる姿とか、ブルージェイズのムードメーカーとして活躍する姿を見ていると、そう思わせてくれるんです。

さてさて、本書の内容ですが、自己啓発本でもないですし、How to本でもありません。ムネりんの自叙伝といったところでしょう。

ムネりんのことだけでなく、イチローとの思い出なども書かれているので、イチローファンのぼくにとってはすごくよかった一冊でした。

読書メモ

1.マイナー?野球ができればおっけー

マイナー契約にしても、メジャーのほうが環境がいい。マイナーの環境は劣悪だって、いろいろな人から聞かされた。いやいや、おれが求めるのは、野球ができる環境。移動が長時間のバスだから、食事がハンバーガーだから、それが何が問題ですかってこと。

アメリカでやりたいと思って、代理人に交渉は任せていたけれど、いつまでたってもオファーが届かない。その間、ずっと福岡で練習していた。ひとりで練習していたんだよ。そのほうが、どれほど劣悪な環境だったか。

マイナー?9人いるぜ。相手もいるぜ。審判もいるぜ。グランドもあるぜ。それっていったいどれだけ恵まれた環境なんだよ。
すごくテンポのいい文体です。こういった文体が本書のなかにいくつか出て来るのですが、ムネりんぽいような気がすごくします。

2. 最近の若者は元気がないって言われるけど、いいじゃん

時代によっていろんな考え方があると思うけど、たとえば、最近の若者は元気がないと言われているとしたら、おれは別に元気がなくてもいいじゃんって思う。実際に元気がない人はいる。

でも、元気のある人もいる。元気のない人が、元気がないのはそれなりの理由があるんだろうから、 しょうがない。元気がないとき、みんなでよってたかって元気出せ、元気になるにはどうしたらいいんだって考えても、元気になれるものじゃないんだよ。

だったらそれでいいじゃん。元気のない人は、元気がないんだから。それを持ち味にすればいい。おれは元気のない人にはこう言いたい。

「大丈夫、元気のある人はいますから、安心して下さい、と。」そのうち元気になったら、元気のない人のために、そのとき、頑張って下さい、と。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く