歯に衣着せぬ発言で人気の経済評論家、宋文洲氏さんの猛語録

4455viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
宋文洲猛語録

Prologue―フォロワーの皆さんへ

不愉快になるかもしれない。だからといって喜ぶことばかり言う訳にもいかない。フォロワーの皆さんの度量と吸収力を信じる。

1 リーダー―人格だけでは事業で成功できない

  • リーダーの重要な仕事の一つは、将来への見通しである。それが全てのビジョンや計画やオペレーションの基礎になっているはずだからだ。
  • 偉ぶるトップやマネージャーに限って責任と取らない。マネージャーは結果に責任を持つ、リスクに責任を取るから高い給料を得ている

2 自律―目標のためなら私は媚びる

  • 正義が勝つのではない。勝つのが正義だ。せいぜい、正義が勝たなければならないと言おうか。

3 営業―顧客は神様ではない

  • 本質はものを売るのではなくて、解決を提案すること。満足と解決。

4 人材―「社員教育」なんて失礼だよ

  • 相手の反応をみて自分の仕事を調整できない人は、間違いなく無駄な仕事をしてしまう。

5 経営―「危ない会社」の条件

  • 自分の欠点を直視する勇気のない個人、企業と国家は決して国際化に向かない。自分の欠点を分からうとしない人は他人の欠点ばかりが目につく。自分になんのプラスにもならない。ゆっくりとした自滅の道だ。

6 組織―「努力すれば報われる」は甘っちょろい!

  • ホワイトカラーの効率の悪さは、「精神主義」にある。「頑張ること」と「成果」を、一対一で関係づけてしまう。いわば宗教だ。

7 日本へ、世界へ―きれいな暴動などはない

  • 世界に貢献したいならば異なる価値観に寛容になること。その時、世界は戦争から遠ざかる。
  • 法律は正義のためにない。秩序のためにある。

8 愛と人生―家族がなければ私が居ない

  • 思いやりとは言葉ではなく行動である。
  • 愛は相手に感じられて初めて愛。

Epilogue愛嬌―「大胸腫れるでしょう」

  • 「もっとチャレンジしなさい」-チャレンジしないおやじ。「ハングリー精神が足りない」-ハングリーではないおやじ。「少子化が困る」-産ませないおやじ。
  • 評論家が書いた投資の本に損するコツが書いてある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く