初対面で頑張る時に意識したい3つのこと

15228viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
初対面の3分で誰とでも仲良くなれる本

「初対面で何を話したらいいかわからない......」
「何か質問しても、相手の反応が悪くて会話が続かない......」
「不意に話がとぎれて、気まずくなってしまう......」
こうした悩みを持つ方のための本です。 そこから3つまとめました。

1.言葉よりも「気持ち」に反応しよう

  • 聴き手として心がけるべき重要な点は、「出来事」よりも相手の「気持ち」に焦点を当てる、ということです。
  • 相手が話しているのは「ポジティブ」なテーマでしょうか。それとも「ネガティブ」なテーマでしょうか。
  • 話をきちんと聴いて察知し、ニュアンスを感じとりましょう。そして、そのニュアンスに合った「感情を具体的に表現する言葉」を返すことで、「あなたの話をキチンと聴いています」「言ってることを理解してますよ」と示すことができます。

2.効果的なほめ方、3つのコツ

(1)感じた瞬間、すぐに言う

  • 「そんなことか……」と思われるかもしれませんが、実に重要です。初対面であれば、印象、服装、持ち物、話の面白さ。二度目以降であれば、髪型、オンとオフのギャップなど。「すぐに」というスピード感は、なんといっても、相手へ強い印象を与える効果があります。

(2)いいと思った点を具体的に脱明する

  • 一般的な形容詞を言うだけでは、相手の印象に残らないばかりか、かえってウソくさく聞こえてしまうものです。せっかく勇気を出してほめたのに、これでは不本意ですよね。相手にそのように感じさせないポイントは、具体性です。

(3)印象ではなく、自分の感情を言う

  • 印象面だけの話だとどうしても表面的に聞こえてしまいます。ぜひ自分がどう感じたのか、どう思ったのかという主観を伝えてください。

3.知っておきたい「相づち」3原則

(1)相づちのバリエーションを増やす

  • カウンセラーなど、「聴く」ことを職業とする人は、この相づちのバリエーションを増やして使い分けて、気持ちを込めて打つように訓練を受けているものです。

(2)相づちで、相手の話への興味関心を示す

  • 「ええー!」「そうなんですか!?」「驚きました!」
  • このように積極的な反応が返ってきたら、話すほうとしても「ああ、きちんと聴いて興味を持ってくれているな」と張り合いが出ますよね。相づちには、会話をさらにはずませる効果もあるのです。

(3)相づちで相手の話を促す

  • 「それからそれから」「で、どうなったんですか!?」「続きを聴かせてください!」
  • これくらいの能動的な反応があれば、話し手は確実に盛り上がります。もっといろいろなことを話したい気分になりますし、積極的な興味を持って聴いてくれている聴き手に対して親近感を持つことでしょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く