簿記を基礎から

2138viewssuitasuita

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本一やさしい簿記の学校

仕訳の基本から、財務諸表の作り方まで人気講師がわかりやすく解説。
簿記とは何か?
なぜ必要かということから始まって、損益計算書、貸借対照表、資産、負債、資本、収益、費用など様々な用語を図やイラスト、会話文などを交えてしっかりと解説していく一冊。
章ごとに確認問題もはさまれており、考えながら繰り返し読んでいけばある程度は知識が身につく。
しかし、発行年度が古く、勘定科目などが自分が最近になって勉強したものと違っている部分もあり、内容に対しての信頼性がやや揺らいだ。
また、明らかに初学者には難しい内容も含んでいる。
これだけで内容を覚え理解していくのは難しいため、簿記資格参考書などとと併用して勉強していく必要がある。

感想

簡単なようで意外と難しい。少なくとも簿記3級の自分ではまだ理解できない部分があった。しかし実務的な話も含んでいるので、ためになった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く