4時間半熟睡法 -睡眠時間はどこまで削れるのか?-

2448viewsKazSKazS

このエントリーをはてなブックマークに追加
4時間半熟睡法

各章について

1章 「4時間半熟睡法」とは?

仮に毎日、一定時間の睡眠時間を確保するのであれば、最低でも6時間は必要なのです。しかし、4時間の睡眠を4日続けても、通常の長さの睡眠を1日とるだけで、その不足分を回復できるというのです。ただ、4時間の睡眠にしてしまうと90分の催眠サイクル上、起きるのがかなり辛いため、4時間半がベストでしょう。

2章 「4時間半熟睡法」の実践に欠かせない「睡眠の基礎知識」

この章では、睡眠の質を高めるために必要な知識をまとめています。

  • 体温が下がると、人間は眠くなる!
  • ホルモンの分泌は「体内時計」が管理している
  • 朝の太陽の光は、何時までに浴びればいいのか?
  • なぜ、お酒を飲むと睡眠の質が悪くなるのか?
  • 人間は何時から何時まで眠るのが理想的なのか?

3章 睡眠の「質」を高めるテクニック

質の良い睡眠をとるために大切なのは、寝る前に体温を上げることと、寝ている間に体温を下げることです。寝る前に体温を上げるには、以下の3つが有効です。

  • 寝る3時間前に、食事を済ませる。夕食に鍋などの温かいもの、そしてキムチ、唐辛子などを食べることです。
  • 寝る2時間前に、運動を済ませる。ウォーキング、ヨガ、ストレッチなどの軽い運動をすると、一時的に体温が上昇し、2時間後に放熱が行われます。
  • 寝る1時間前に、入浴を済ませる。入浴は一時的に体温が上がるため、効果的に眠るために、とても有効です。
  • 感想

    睡眠時間を短くしたい方はもちろん、「いくら寝ても眠い」という方におすすめです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


stppssstppss
睡眠時間を削って人生を長くする・・・どっちがいいんだか。

コメントを書く