健康になるために知っておきたい3つのこと

16294viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
病はケから 老けない体と心の作り方

薄毛、メタボ、シミとシワ、勃起力低下、疲労、ストレス増、集中力低下、やる気減…殿方における今そこにある危機とは―メンズヘルス医療の実態に迫る。テレビ・新聞・雑誌で話題の精神科医が本気で書いたアンチエイジング本。そこから、健康になるために知っておきたい3つのことをまとめてみました。

健康になるために知っておきたい3つのこと

① 必要なタンパク質を摂ろう!

  • 体を作るタンパク質は10万種類もありますが、髪の毛の90%ほどを作っているのはケラチンというタンパク質。ケラチンは18種類のアミノ酸からなりますが、なかでも大切なのは必須アミノ酸の一種メチオニンです。
  • メチオニンを豊富に含んでいるのは、魚介類(カツオ節、シラス、すじこ、マグロ赤身)、肉類(鶏ムネ肉、豚ロース肉)、大豆・大豆食品(納豆、豆腐)、牛乳・乳製品など。ダイエットをすると、カロリーを気にして魚介類や肉類などを控えがちになりますが、それでは健康な髪の毛は生えてきません。毎食ごとにこれらのタンパク質源を少なくとも1種類は食事に取り入れてください。

② 筋肉が1kg減ると年間2.5kgも脂肪がつく

  • 基礎代謝の20~30%を担っているのが筋肉。筋肉は体温を保つためにつねに熱を発生させています。その筋肉が減少すると基礎代謝がダウンしますから、太りやすくなるのです。1kgの筋肉が減ると基礎代謝は最大1日50Kmlダウンすると言われ、1年間分をトータルすると1万8250Kml。体脂肪は1kg7200Kmlですから、体脂肪に換算すると2.5kg以上も太りやすくなるのです。

③ 紫外線でシミ・シワができる

  • 皮膚の構造をさっと理解したところで、何が皮膚にダメージを与えてシミやシワを作っているのかを探っていきましょう。
  • もったいぶらないで最初に答えを言います。皮膚の老化を進めてシミやシワを作るのは光。これを光老化と呼びます。その引き金を引くのは、太陽光に含まれている紫外線です。
  • 皮膚は加齢とともに表皮が薄くなったり、真皮の機能低下が起こったりします。こうした加齢による自然な老化に、紫外線による光老化が加わると皮膚の老化が加速します。その結果生じるのが、シミやシワというわけなのです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く