強みを見出し、すぐれたマネージャーになる方法

5461viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う

優れたマネージャーになるには

・個人一人一人は、自分自身の独自の本性に忠実なのだ。すぐれたマネージャーは、人一人を改造するにはそれなりの限界があることも認識している。
・優れたマネージャーは才能で人を選ぶ。成果を適切に定義する。部下の強みを活かすことに専念する。部下の強みに適した場所を探り当てる。
・成果を適切に定義し、そのあとで各個人がその成果・目標に向かって自分なりの道筋を見つけるよう仕向ける。
・すぐれたマネージャーは、まず役者を頭に浮かべ、そしてそのあとで芝居を組み立てる。
・マネージャーの仕事は部下の生産的な行動を促し、非生産的な行動を抑えること。
・部下一人に対して一年間に四時間を割けないなら、抱えている人が多すぎる。優れたマネージャーは一つずつきちんと個別のフィードバックを返す。部下一人一人と個別に時間を取ることが重要。個人ベースで付き合う。
・部下の配役ミスで、「この仕事は君には向いていないようだ。その理由を一緒に考えないか」、あるいは、「君の本来の長所を今以上に活かす職務を見つけなければ。君はどう思う」という。最高の成果を上げられるマネージャーは、純粋に一人一人の部下の面倒を見ている。その人を優れた業績が残せるような立場にする。
・人は誰でもそれぞれ異なった心理的酸素を吸っている。優れた会計士は、1+1=2になるという事実が気に入っている。優れたセールス担当者は相手のノーという返事をイエスにひっくり返すことが面白いと思っている。ある人の満足感のもとになる材料はその人の才能を見出す手掛かりだ。

自分への質問

1. 仕事の上で自分が何をすべきか、要求されていることがわかっているか?
2. 自分の仕事を適切に遂行するために必要な材料や道具類が揃っているか?
3. 毎日最高の仕事ができるような機会に恵まれているか?
4. 最近一週間で、仕事の成果を認められたり、褒められたりしたことがあるか?
5. 上司や仕事仲間は、自分と一人の人間として認めて接してくれているか?
6. 仕事上で自分の成長を後押ししてくれている人が誰かいるか?
7. 仕事上で自分の意見が尊重されているか?
8. 会社のミッション/目的を前にして自分自身の仕事が重要だと感じられるか?
9. 仕事仲間は責任を持って精一杯クオリティの高い仕事をしているか?
10. 仕事仲間に誰か最高の友達がいるか?
11. 最近半年間で、自分の進歩に関して誰かと話し合ったことがあるか?
12. 仕事の上で学習し、自分を成長させる機会を与えられたことがあるか?
・ベースキャンプ:何が手に入るのか 1,2
・キャンプ1:自分はどんな貢献をしているか 3-6
・キャンプ2:自分はここの人間なのだろうか 7-10
・キャンプ3:全員が成長するにはどうすればよいか 11-12
・高山病:実際の登山にあたっては、ベースキャンプとキャンプ1の間で相当長い時間をかけなければならない。この低地で時間をかければかけるほど、頂上近くの薄い空気に耐えられるスタミナが強化される。心理的な登山でも有効だ。
・優れたマネージャーはベースキャンプとキャンプ1を重視する。

強みを見つけるインタビュー

①これまでの仕事上での経験で何が一番楽しかったか。なぜこの会社に入ったのか。(新入社員でない場合)この会社で仕事を続けたいと思う理由は何か。
②どんなところが自分の強みだと思うか。
③弱点についてはどうか。
④現在の職務での目標は何か。
⑤どのくらいの頻度で自分の仕事内容を私と話し合いたいかと思うか。あなたは自分からどう感じているかを言い出す人か。それとも聞いてもらいたい人か。
⑥私に伝えておきたい個人的な目標、あるいは必ずこうするというようなことがあるか。
⑦あなたがこれまでに受けた最高の褒め言葉は何か。褒められるほどうまくいった原因は何か。
⑧過去本当に生産的なパートナー、または教育的な指導者に恵まれたことがあるか。
⑨あなたの将来の目標、キャリアの目標は何か。特に身につけたいと思っている技能はあるか。経験してみたい具体的な課題や仕事は何か。マネジャーはどのように力を貸せばいいか。
⑩このほか、互いの協力関係をよくする上でも、今相談しておきたいと思うことがあるか。

感想

マネジメントを考えさせてくれる本。すぐれたマネージャーになるための考え方が記されている。

まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う

まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う

  • マーカスバッキンガム,カートコフマン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く