斬新な一冊! 小説が、嫌いな人でも読める小説。ゲームや漫画に近い感覚で、すらすら読める!

1469viewsiwj00iwj00

このエントリーをはてなブックマークに追加
エレンディール-剣の聖女・第2章 (シナリオノベルシルーズ2)

 斬新な一冊! 小説が、嫌いな人でも読める小説。ゲームや漫画に近い感覚で、すらすら読める!

この本、華宮ゆう士(著)「エレンディール -剣の聖女- 第二章 解放の日」は、ある意味、すごい本だと思います。

なぜならば、いままでに、ほとんど無いタイプの小説で、著者の華宮ゆう士さんによると、「シナリオノベル」とのことだそうです。

これほど、斬新で新しい感覚の小説は、初めてです。

著者の華宮ゆう士さんは、「キン肉マン」の声で超有名な声優の神谷明さんの娘さんだそうです。

娘!!ということは、華宮ゆう士さんは、男性のような名前ですが、女性なんですね!?

そして、彼女は、小説新人賞への投稿を経て、「シナリオ・ノベル」という新しいジャンルを模索中とのことで、今後、大化けして、超人気作家になる可能性も十分あると思います。

先物買いが、好きな方は、是非購入するべきでしょう。

わたしも、華宮ゆう士さんの今後の活躍に大いに期待しています。

内容は、ネタバレになるので、ここでは詳しく書きませんが是非、読んでみてください。

いまいち、小説の物語には、のめりこめない人でも、すらすら読めて、尚且つ意外なほど面白い!

ゲームや漫画が好きな人には、必読の一冊だといえます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く