書籍、セックスボランティアを呼んだ人はぜひ!

2207viewsyukiyuki

このエントリーをはてなブックマークに追加
私は障害者向けのデリヘル嬢

風俗、デリバリーヘルス、ソープ、ピンクサロン。世の中には男性の性欲を満たすためのお店がたくさんあります。そして、当然それらのお店には多くの女性が在籍しています。

この仕事に従事したことのある女性は、必ずこの質問をされたことがあるでしょう。

「どうしてこの仕事をやろうと思ったの?」

と。

著者の大森さんも障がい者向けのデリヘル嬢という仕事を始めて、ほとんど全員のお客さんに上記の質問をされたそうです。彼女はこの質問の意図をこのように捉えたそうです。

「自分のような障がい者を相手にすることに抵抗はないのか?」ということ。抵抗なんてない、といくらこっちが相手の心に飛び込んでも、障がい者の彼らの方から、線引きをしてしまうという現実に対して悲しさを覚えたそうです。

そして、たいていのお客さんは最初のあいさつのときに「(面倒かけて)すいません」というようなことを言うとのこと。それくらい繊細なお客さんが多く、たった一言の言葉のニュアンスやふとした視線の動きで、こちらの感情の機微を敏感に受け取ることを実感したのです。

この本は、大森さんが仕事を通じて出会ったお客様とのストーリーが7割。3割がこの仕事につくまでの経緯となっています。 最初は「障がい者の性を取り上げた本」「性産業に従事する女性の自伝」だと思っていました。

ですが、最終章でこのように書いています。

最後にもう一度だけ、障害者の人たちにいいたい。「諦めないで。お互いもっと、自分を磨いて。そして恋をしようと」

この本には「障がい者への偏見をなくすこと」「こういう現状を知ってほしい」様々なメッセージが込められていると思います。でも、その中に「障がい者に対しての恋の啓発すること」も含まれているのでしょう。

大森さんがこのようなメッセージを発しているのは理由があります。それは、あるお客さんと出会いこう言われたから。

「やっぱりねえ。こういう身体だし、諦めちゃうんだよね。ふつうに結婚とかはもちろん、恋愛ももう一生無理かなあって」と。仕事をしていたときそんなことを言われたらしい。

「障がい者の性」に対する話はなぜかタブーである。確かに、書籍では「セックスボランティア」が世に出ていますし、男性の射精介護をするホワイトハンズも立ち上がったりなど、認知度は広がってきたのかもしれません。

ですが、まだまだ偏見や知られていないことが現状だと思います。「障がい者の性」ということだけでなく、日本の「性教育」もまだまだ改善するべきところがあるので、一つ一つ解決していくことが必要なのでしょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く