あせらず、くさらず、おごらず。仕事はシンプルにやりなさい

1637viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
無印良品は、仕組みが9割  仕事はシンプルにやりなさい (ノンフィクション単行本)

序章 なぜ無印良品には“2000ページのマニュアル”があるのか
店舗用 MUJIGRAM 店舗開発や企画室などの本部の業務用 業務基準書
個人の経験や勘に頼らないようにする。
無印のマニュアル①あらゆる仕事を「標準化する」「マニュアル化できないもの」はない。
無印のマニュアル②
会社の理念は、ほの会社の「マニュアル」に表れる
無印のマニュアル③「仕事の効率を上げる」仕組み
無印のマニュアル④「勝ち続ける仕組み」のつくり方
「印象論」や「勘」は排除する
「こうしほうが、いいのに」を集める。「それぐらい、口でいえばわかるのでは?」と思われるようなことまで明文化する。マニュアルは、毎月更新。
第1章売り上げとモチベーションが「V字回復する」仕組み 「人を変える」ではなく、「仕組みをつくる」
⚫︎仕事のスキルやノウハウを蓄積する仕組がなかった。(担当者がいなくなったら、また、一からスキルを構築)
⚫︎“戦略二流”でも、“実行力一流”なら良し(実行95%、計画5%)
経験主義だけでは「会社は滅びる」
⚫︎会社の問題を見つけたら「新しい仕組み」に置き換える
⚫︎部下の意識が「自動的に変わる」方法 仕組みに納得して、実行するうちに、人の意識が自動的に変わる
⚫︎今の時代のリーダーはカリスマ性ではなく、自由に物申せる風土を作り、その意見を仕組みにしていくこと
⚫︎「見せかけだけの突破口」に注意
コンセプトをしっかりと再確認したうえで、進化させる。根幹に当たる部分は変えてはいけないの。長続きはしない。
⚫︎優秀な、人材は集まらない。だから「育てる仕組み」をつくる。
⚫︎人は「二度失敗して学ぶ」
⚫︎走りながら考える。但し、腹を括って。
2章きまったことを、決まったとおり、キチンとやる。「経験」と「勘」を排除せよ。
マニュアルをつくり上げるプロセスが重要で、全員が問題点を見つけて改善していく姿勢を持ってもらうのが目的。
マニュアルの効果
①「知恵」を共有できる。②「標準なくして、改善なし③「上司の背中だけを見て育つ」文化との決別④チーム員の顔の向きをそろえる⑤「仕事の本質」を見直せる
⚫︎現場の問題点を、知っているのは現場の人間。マニュアルを使う人が作るべき。ボトムアップの仕組みを整える。
⚫︎「新入社員でも理解できる」マニュアル。徹底して具体化。いい例と悪い例を紹介するのも、一つの手。
⚫︎一つの作業を、見直すだけで、生産性がアップする効果がある
⚫︎仕事のやり方が、最新版になっているか?リアルタイムで、改善する。
⚫︎「見える化→提案→改善」
第3章 会社を強くするための「シンプルで、簡単なこと」 「他者」「他社」から学ぶ
⚫︎「挨拶をきちんとする」「ゴミを見つけたら拾う」「仕事の締め切りを守る」といった、「基本のき」
⚫︎提案書のハンコは「三つまで」責任を、もたせる。
⚫︎知恵は「他社から借りる」「同質の人間同士がいくら議論をしても、新しい知恵は出てこない」
⚫︎反対勢力はゆでガエル状態で染めていく。
⚫︎部下のモチベーションを、上げるためには、①やりがいを与える②コミュニケーション。
⚫︎迷ったときは「難しいほうを選ぶ」未来は、リスクを取らない限り開かない。
⚫︎性格を変える、ではなく、行動を、変える。
⚫︎「幹部は三年間、固定」せよ!
第4章この仕組で「生産性を3倍にできる」 むくわれない努力を、なくす法
⚫︎原因が見えた途端に問題の八割は解決する。
⚫︎「仕事デッドライン」を、見える化する。
⚫︎行き過ぎたホウ・レン・ソウは人の成長を止める!指示待ち人間に。縦のつながり重視で横の繋がりがおろそかに。
⚫︎提案書は「A41枚」
⚫︎「形だけよ会議」をなくす
第5章 自分の仕事を「仕組み化する力」をつくろう 「基本」があれば「応用」できる
⚫︎自分を常に「アップデートする」法

感想

家事育児にも、通じる内容。我が家のMUJIグラムを作らねば!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く