TOEIC高スコアを目指すために

2106viewssuitasuita

このエントリーをはてなブックマークに追加
おとなのやりなおし英語学習法―これでTOEIC Test990点!!

英語の耳を開く
1多聴・・・少しでも多くの英語を聴いて英語に慣れる作業
・目的 英語特有のリズム感をつかんで英語に慣れ、恐怖心を取り除く
・教材 ラジオ(AFNなど)、衛生法オス(CNN/BBCなど)、アメリカ・イギリスの映画(DVD・ビデオ)
・方法 毎日の生活の中で気楽に英語が耳に入るような環境づくりをする

2精聴・・・英語の音声と単語を一致させながら、正しい音を耳に刷り込む作業
・目的 英単語と音声を結び付け、英語の耳の基礎力を付ける
・教材 市販のCDつき英語雑誌や英語教材、アメリカ・イギリスの映画(DVD・ビデオ・映画の台本)
・方法 基本的なものだけでも発音記号を学び、それを使って覚えるのが近道

3精聴と多聴を並行して行うが、初級者は精聴の割合を高く、上級者に近づくほど、多聴の割合を高くしていけばよい

DVDを使ったトレーニングメニュー

TOEIC 470~730点の人
時間 1日30分~1時間・2か月間
目標 TOEICリスニングスコア50~100点アップ
1.大好きな映画の英語字幕入りDVDソフトを手に入れる
2.日本語で映画を鑑賞してセリフの主な意味をつかむ
3.日本語字幕と英語音声で鑑賞し、英語に耳を鳴らす
4.英語字幕を出して、字幕を読みながら、英語を音声と同じスピードで理解できるようになるまで何度も鑑賞する(5~10回)。
5.英語字幕を出さずに、映像と音声だけで鑑賞。聞きなれないところだけ、字幕を出したり、映画を戻したりする(5~10回)
6.生活の中でいつも映画を鑑賞し、楽しみながら多聴する

ディクテーションのトレーニングメニュー

TOEIC600点以下の人
時間 1日30分~1時間・1か月間
目標 TOEICリスニングスコア100点アップ
1.100~200ワード程度の短い英語の文章を、何度も何度も聞いてノートに書き取る
2.スクリプトを見ながら赤ペンで修正。聞き取れなかった単語の確認をする
3.赤ペンで直したノートを見ながら、文章全体を最低2回、英語音声をまねて発音する
4.使用した音声教材を多聴する

リスニング得点アップのトレーニングメニュー

TOEIC470~730点の人
・パート2とパート3を中心に勉強する
・パート2では、疑問詞に対応する適切な選択肢が選べるように600点以上の人は引っかけ問題のトレーニングをする
・パート3では設問先読みで質問の意図を事前につかむ練習を
 間違ってもびびらずリズムを体に覚えこませる

感想

この本を手に取る人はTOEICスコアが500前後くらいの人が多いんじゃないかと思ったので、そのあたりを引用させてもらいました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く