意志が弱いアナタでも、立てた目標を必ず達成できる「仕組みづくり」

2058viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
あきらめずにやりぬく人に変わる方法 (中経の文庫 さ 17-2)

45のルールをマトメ者の方で適当に分類しました。

計画

やることを一つに絞る

やらないことを決める

目標のタイプを知る

目標を分解してみる

早大な計画を実行して「破る」

目標を即座に言えるようにする

ツール選びも大切

やり方をまねる

流れをイメージする

理想と現実のギャップで挫折しないように、流れをイメージする

時間と場所を書き出す

仕組み・環境

週のはじめを充実させる

ファーストタスクを決める

モノにリマインドさせる

「あいのり」させる

既に習慣になったものにあいのりさせる
トイレでは仕事術の本を読む

「快感とセット」にする

小さなご褒美を「いつも必ず」与える

仕組みづくりを一気に済ませ、後は考えずに動く

記録する

記憶の歪曲を防ぐ

「感情日記」をつける

コーチ役を見つける

詳細化を助けてもらう。

誰かに相談する

助けおを借りる

「聴衆」を味方にする

一緒に学ぶ仲間を作る

風邪をひかない

自分のペースを見つける

環境を変える

快適な環境を作る

脱線を未然に防ぐ

マインド

宣言する

まず「3日」やりぬく

まずは小さなゴールを目指す

リラックスする

「自分を変えよう」と思わない

完璧主義を取り入れる

あえて丁寧にやる

簡単なことほど気合いを入れる

・難しい課題では、緊張感を緩めた方がうまくいく
・やさしい課題では、緊張感をたかめるとうまくいく

苦痛は一気に乗り切る

人は追い込まれた方がはやく状況に適応できるのです。
やったり、やらなかったりするより、一気に追い込んだ方が成果がでる

「苦痛」をモチベーションにする

ネガティブな感情も無駄なく活用する

ネガティブな感情は後を引く。
「絶対にああはなりたくない」という感情がものごとを続けるときのモチベーションになり得る。

「ランダム学習」をする

3つの喜びを味方につける

忙しくする

「自己陶酔」でモチベーションを上げる

常識に立ち戻る

習慣を積み重ねていく

一つの習慣をきちんと続けられば、それを足掛かりに習慣を増やしていける。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く