人脈があればなんでもできる

1469viewsマットマット

このエントリーをはてなブックマークに追加
人脈をつくり広げて起業する法―起業を成功させる「人脈」のつくり方と人の力の借り方・活かし方 (DO BOOKS)

はじめに

  • 人脈が大切

人脈づくり〜起業までの流れ

出会い(セミナー、週末起業フォーラム、メーリングリスト、SNS、ブログ、メルマガ)

自己アピール(ハガキ、自己紹介、メール署名で実績表示、ブログトラックバック、メルマガ感想、提案)

協力=人脈構築(サイト、メルマガで先方を宣伝、口コミ)

フォロー(定期的挨拶メール、誕生日カード、オフ会)

こうして出会え

  • ホームページを作ろう
  • そして、メルマガ、ブログを発行

ニッチな専門家を名乗ろう

ニッチな問題を解決する内容に

名刺をつくる。○○支援サイトと記入する。

会社仲間には起業を語らないこと

メルマガに返信する。

ブログのリンクはビジネス系だけにし、積極的にオフ会をする。

  • オフ会には名前をつける。

セミナー後の懇親会に出て、名刺を渡し、握手を2回する

起業家とはこう付き合え

  • 積極的に話しかける
  • セミナー後、48時間以内にはがきを出す

もしくはグリーティングカード 誕生日の半年後に送るやりかたもあり

  • オートステップメールを送る。必ず一斉送信メールですと書く。
  • 会えるときはもう一人起業家を連れて行く。3人がベスト
  • 直に会った時はなにか形に残るものを渡す
  • なるべく食事にし、乾杯をすること。
  • 2回目は相手の興味のあるものを見に行くついでにし、その後意見交換をする。
  • 恒例のイベントにするには会員証を渡すといい

人脈起業本番

優秀な起業家とペアを組もう

  • 意見を述べたりする懇親会の場合3人がベストだが、事業を起こすとなると二人が無難。
  • 3人だと意見がまとまらなかったり、日程が合わないなどで調整が困難になる場合が多い。
  • 自分の手がけるビジネスに近い事業をしている人がベスト
  • 自分より上の人と組む
  • 先輩格の人物とパートナーを組むべき
  • 起業家1人捕まえて、1つのテーマに沿ってインタビューや対談を実施し、それを記録した音声-CD、DVDを作成して販売すること。またネット上で音声販売。ポッドキャスト。

セミナーをする。○○さん参加!などと書くと効果アップ

  • 何度かメルマガ等で告知する
  • ステップメールを使う。
  • メールではセールスっぽくせず、入ってきたサイトでセールスする。
  • お客様の声を入れる。できれば推薦の声も。
  • メールで、セミナーに来ていただきありがとうございます。と送り、2,3日後にアンケートを送る。
  • 人脈起業では、自分が格下なので忍耐が大事。パシリ的なことも我慢する。失敗するのが当たり前と思って積極的に参加する。
  • 共同のセミナーなどが終わったら、再び会うなど連絡を取り合う。
  • 相手を持ち上げるメールを送る。

セミナー参加者との接し方

  • 参加者から先生と呼ばれる立場なので堂々とする。
  • 懇親会の案内を予めしておき、その場で名前を覚えるようにしよう。
  • その後、オフ会を開いたり、ステップメールを送る。

ネットセミナーでも良い。テキストや音声で。

①質問形式
②語り合う形式
③交互に話す形式

二足のわらじをはく生活習慣を身につけよう。

  • 22時〜2時に睡眠をすれば8時間寝たことと同じになる。

家族サービスをする。

  • 人脈に家族を会わせる。

音声CDを聞く「ビジネスCD」

  • 神田昌典、作野裕樹のCD

団塊の世代、学生、女性、オタクと人脈を築け

  • 団塊の世代:ITの利用
  • 学生:起業したいという学生が有望。
  • オタク:ニッチな分野でのビジネスに期待出来得る。
  • 感想

    内容が充実してて、1500文字以内に削るのが大変でした。
    起業を考えている人は是非買って読むようにしましょう。
    人脈が大切だとわかりました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く