わかりやすい起業入門

1826viewsマットマット

このエントリーをはてなブックマークに追加
もし ONE PIECEファンの女子大生が起業したら

売上に繋がる4つのステップ

①売るべき商品が手元にある

②手元の商品の存在を他人に知ってもらう

  • 売る対象のマーケットに対してアピール

③その商品の良さを他人に認めてもらう

  • 商品の良さをアピール

④良い商品に対してお金を払ってもらう

まとめ、その他

  • マーケットの把握、商品の把握、ビジネスモデルの把握が重要
  • 本当に競合がいないケースはほとんどない

財務諸表について

  • 成績の良い財務諸表を見せると投資家や銀行にお金を出してもらえるかも

財務諸表の基本(この3つの表を総合的に分析する必要がある)

  • 貸借対照表(B/S)

「決済日の当日に会社がどれだけの資産を持っているかを表したもの」
会社の規模がわかるが、大きい会社がいい会社とは限りません。

  • 損益計算書(P/L)
「この一年間でどれだけ利益(損失)を出したか」を表したもの。
売上が立ったからといって、現金が入ってきたとは限らない。現金が入ってくるまでのタイムラグで資金が底につくこともある。
  • キャッシュ・フロー計算書(C/S)
「この一年間で、どれだけ現金の収支(出入り)があったか」を表したもの。
実際の現金の流れがわかる。

その他

  • 会社の借金は社長の連帯保証人になる。

お金を借りる

  • 初めは、日本政策金融公庫で借りる。

事業計画書で借りる。

  • この会社はどんな会社なのか?(現在のプロフィール)
  • これまでにどんな実績を上げてきたのか(財務諸表)
  • 今後の計画はどうなっているのか(事業計画)

自分の商品の把握

  • 喫茶店の売りはコーヒーではなく、くつろげる空間
  • 土産物店の売りはマグカップではなく思い出

その他

  • 経営戦略を周りに見せると、投資してもらえるかも
  • 感想

    起業を考えた人は読みましょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く