年金や貯蓄では老後が不安なら

3132viewsqoogaqooga

このエントリーをはてなブックマークに追加
老後に余裕が持てる人、持てない人 (アスカビジネス)

持ち家を買うより、ワンルームマンションを購入して賃貸で安定収入を得た方が、安定した生活を送れるのかも知れない。

内容

「ワンルーム」マンションであることがミソ。
単身者や老齢者などが借り手として狙い。

老後の不安を認識し、問題を理解する

老後はローン残、収入減、仕事がない、しかし年金はアテにならず家族は頼れない諸々問題ある。
金利が低い預貯金やリスクの高い株式投資より、人に貸す物件を得て家賃収入を得た方が、老後の安泰に繋がる。

マイホーム資産に拘るメリットはない。賃貸のメリットを理解する

昔と違い、今は建物の資産価値は低く、昔のようにマイホームの価値は上がらない。
むしろ年々下がるが、費用はかかる。
逆に賃貸は昔のように変動が少なく安定している。
自分が住む物件より、人に課す物件を得た方が老後安泰に繋がる。

不動産投資に過剰に抵抗を持たず「家賃年金」を

バブル期と違い相場は安定している。
利回りを狙うなら新築より中古。
ローンなら小資金で始められ、生命保険の代わりにもなりお得。

ワンルームマンションの値打ちを理解する

選択基準は「好立地、ハイグレード」
借り手は「管理人常駐」「オートロック」管理体制を重視する。
失敗するのは「利回り重視建物妥協」「価格の安さ第一」「坪単価安さ重視」「分譲主倒産物権」
災害に強い、なるべく新しい物件を選ぶ。
日当たりが悪くとも、最上階の部屋を選ぶ。
駅前なら古いマンションでも人気。
中古で買うなら既に貸借人がいる方がいいが、売るための偽物の場合有り。

業者選びは重要。ポイントを抑える

販売システムが明確な会社で買う「ワンルームマンションの管理・集金・メンテナンス」等、適切な業者を選ぶ
家主になる支援業務をどこまでしてくれるか
家賃保証に騙されない
豊富な物件の情報網
税金問題もバックアップ
運営リスクは空室率に有り
重要事項の説明に不足はないか
提携ローンを用意しているか

住宅を貸すということを他人任せにしない

資産運用とは「物件」「賃貸業者」「入居者」「連帯保証人」「リフォーム業者」が大切。

  • 借りている人を第一に考える
  • 入居者の選択には厳しい目で
「職業」「家族構成・収入状況」「保証人の収入・職業・役職」「金融関係のブラックリストにないか」
空き部屋の方がマシといえる状態もある。入居者の質をしっかり見極める。
オススメは「学生で親が保証人」「サラリーマンで勤め先がしっかりしている」「社会保障などを受けている」
危ないのは「仕事が明確ではない」「女性単身で仕事不明」「暴力団系」
  • 賃貸業者はよく選ぶ
ポイントは「良い入居者を選ぶ」「クレームを処理する」「出入りの度にリフォームをする」
しっかり見極めないと損をするどころではない。
  • 家賃滞納があった場合
「賃貸業者に催促してもらう」「連帯保証人に連絡」「連帯保証人に支払ってもらう」「滞納が長くなったら退去させる」
  • 修繕費の回収
入居時に「清掃費前払い」「敷金相殺の明記」「修繕が必要なときの支払いの明記」が必要
  • 苦情処理をしてくれる賃貸業者を選ぶ
  • リフォーム業者は自分で選ぶ

経営感覚でステップアップ

  • 早めのローン返済で戸数を増やす
  • マンションは投機の対象にしない(値上りしない)
  • アパート家賃年金

土地付きアパート分譲や、自宅を建てるならアパート部分を付ける。

  • 賃貸物件の運営は会社経営と同じであると認識する

この本の売り

ワンルームマンション投資が、ローンの組み方、考え方など諸々、どのようなものか理解出来る。

感想

安い投資ではないから、勢いだけではなく計画的に!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く