マインとセリューの因縁の対決

2060viewssuitasuita

このエントリーをはてなブックマークに追加
アカメが斬る! (8) (ガンガンコミックスJOKER)

正義vs."殺し屋"
因縁激突!!
アカメ達は教団の本拠地に乗り込んだ。
待ち受ける皇拳寺羅刹四鬼。
迫り来るイェーガーズ。
そしてマインは、ついにセリューと激突する!!
大人気ダークファンタジー、極限バトルの第8巻!!

ナイトレイドは暗殺の目標がいるキュロクに到着します。
しかしそことは帝国側も把握しておりイェーガーズのみならず、帝国最強の拳法である皇拳寺の中でも名高い羅刹四鬼と呼ばれる拳法の達人たちまでキュロクの防衛についているようです。
この羅刹四鬼のうち二人とナイトレイドのラバックが戦うことに。
「二人まとめてかかってきな!!」
「お前の心臓に糸は向かってる」
ラバックは無事に勝利を収めます。

一方、マインは以前にシェーレを殺したセリューと因縁の戦いに。
「直接断罪しに来てやったぞ。ナイトレイド!」
「セリューユビキタス…!!」
マインは銃の帝具であるパンプキンを使っていますが、この帝具は使用者の精神エネルギーを弾丸として打ち出しています。
そして使用者が窮地に追い込まれるほど打ち出す弾の攻撃力が上がるという性質を持っています。
「なぎ、はらった、だと…」
結果、マインはセリューに勝利します。

しかし、セリューには奥の手がありました。
「後15秒」
「チッチッチッチッ」
セリューの頭部には時限爆弾が埋め込まれていたのです。
マインは絶体絶命の状況になります。
しかし、タツミが見事に助け出します。
「アニキの時は力不足だった」
「チェルシーの時は間に合わなかった」
「だけどもう今度こそ死なせやしねぇ!!!」
そして助けられたマインはタツミにお礼を言います
「本当助かったわ……」
「もうダメかと思った」
「ありがとう」
髪を下ろしたツン少女が出れた瞬間だったが、死亡フラグのようにも……。

感想

しおらしいマインが死亡フラグのように思えて怖いです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く