一日3回、1年で実に1095回!こんなにも回数の多いことなのです!

1942viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
「食事」が最強のビジネス戦略である

年収2000万円を維持する人の食べ方

1食べることを何よりも優先する
2運動は特にせず食事を変えている
(1日3食)
3お米をモリモリ食べる(玄米雑穀ならなおよし)
4排泄力を高めるために食べる(発酵食品、食物繊維をとる)仕事もアウトプットをきちんのしないとインプットも意味なし!
5地味食で食欲コントロール。地味食は消化の負担が少なく、代謝力アップ
6忙しい日こそ、よく噛みしめてゆっくり食べる。自己管理の基本、心身のリフレッシュ、健康メンテナンスの時間
7食べたいものはガマンしない(2日に一度の修正食)
8鏡とスリムな服、異性で体重調整
9空腹になり過ぎない
10疲れたら梅干しおにぎり
11一杯目からウィスキーをロックで。自分のペースで飲める。
12漬け物を注文する。お通しは食べない
13シメは味噌汁で脂肪を溶かす

ビジネス戦略としての「外食・接待」十のルール

1会食は「自分の文身」を手に入れる場である。
2店は自分の足で探す
2日連続で通ってみる。客層は一流か?(常連客に近づいてみる)交渉できる余地があるか?(少し難しいリクエストをしてみる)自分を大切に扱ってくれるか。(個別の対応をしてくれるか?)狙いはビル2階の店
3行きつけの店を3軒以上持つ
4最良のサービスを受けるために、最良の顧客を演じる。名前を覚える。オスメスを聞く。電話予約
5お店を最高のチームにする
6会食にふさわしい3つの話題を提供する
7余韻を楽しませるおみやげを持たせる
8ファミリーにしたい人は、2軒目のBARに誘う
9自分の将来のため、若者に投資する
10接待する本人が一番楽しむ

個食のすすめ

個食で心身を清め満足感を得る
お付き合いの飲み会・食事が健康を害する。
個食は食べ過ぎなくなる。食べ過ぎ→自分を大切にできない→身近な人も大切にできない
日々の食事選択力を磨くことが、人生の選択力を磨く
感謝・反省の習慣で欲をコントロールする
個食の姿勢
瞑想状態で、食べることに集中し、食材に思いをはせ、色や香りを感じる。
1人の時間を捻出する
自炊で家族・パートナーの結束を固めよう

感想

働いてる人も、働いていない人もこのように心がければ、きっと生活が潤うに違いない!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く