250年、他国に頼らずに平和な時代を作った「江戸時代」から学ぶ

1461viewsがのがの

このエントリーをはてなブックマークに追加
あと3年で、世界は江戸になる!-新「風流」経済学

この本を読み、「はっ」と気付かされたが、「江戸時代」というのは、「鎖国」をしながらも、
日本国内だけで内戦もなく、200年以上平和を保ってきた時代である。近代史を紐解くと、世界大戦の時代などは、国内経済が不景気になると、外国に目を向け、侵略し、新たな市場を確保する・・・略奪的な行為が乱発していた。その近代史を考えると、江戸時代とはなんともすごい安定した政治を行って来た時代とはいえないだろうか?江戸時代の素晴らしさと、現代日本が、江戸時代から学ぶポイントを数々書いてある本。日本が好きになります^^

日本は江戸時代を目指すべきである

  •  江戸時代は、250年間、海外資本に頼らずに自国内で経済を完結。
  •  内戦が起きず、そこにコストも不要だったので、文化が大きく成長。
  •  参勤交代を真似ることで、地方の過疎化は解決する!?
  •  マンガ、歌舞伎、相撲、寿司、海外で人気の文化は江戸が産んだ

江戸の生き方が世界をリードする

  •  高齢者でも人生を楽しむ生き方 アメリカには若者文化しかない
  •  日本国内で解決する低エントロピーのエコロジカルな生き方
  •  寺子屋が普及した事により農民も知識レベルが高くなった
  •  江戸は女尊男卑。「熟年離婚」の解決は江戸にあり?

アメリカ式を真似る事が起こす破綻

  •  金融自由化。ユダヤ系をはじめ、ハゲタカが日本を狙う。
  •  アメリカ式の裏に潜む「有色人種差別」「男尊女卑」「弱肉強食」
  •  アメリカは見栄を張る。日本は本質、原理原則を見る。
  •  金儲け、利ざやを稼ぐのではなく、「ものづくり志向」へ
  •  アメリカと張り合った日本人達を改めてみてみないか?

日本人が日本人として誇り高く生きるために

  •  縦の人間関係を復活させる。アメリカのマネをしない
  •  日本人は「天下泰平」を望む、欧米は「略奪」による平和を作る
  •  「自分で働く」事を喜ぶ日本人、「人に働かせる」事を喜ぶ中国人
  •  江戸文化に学ぶ。「自分で働くこと」「感謝して学ぶこと」
  • 感想

    この本を読み、日本が改めて大好きになりました。私は海外に住んでいますが、アジアの国々での日本の影響力は強く、尊敬されている事も度々実感しています。その中で本著に出会え、改めて日本の文化の素晴らしさに触れることができ、本当によかったです。その源流は江戸時代にあり。一方で、今、アベノミクスなど米国のマネをした様々あ動きがありますが、これらの行為が本当に正しいのか?日本は日本流の生き方を追求すべきでは? と改めて考える機会になりました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く