本屋好きも、そうでない人も、どちらでもない人も。

1503viewsoboshimeseoboshimese

このエントリーをはてなブックマークに追加
BRUTUS特別編集合本・本屋好き (マガジンハウスムック)

2011年6月1日号「本屋好き。」特集および2013年6月15日号「古本屋好き。」特集を再編集し、増補改訂したもの。表紙を開けば、編集部の想いと共に「僕らは、やっぱり、本屋好き。」という大きな文字が目に飛び込んでくる。

内容の一部を抜粋すると、

  • わざわざ行きたい新しい本屋のカタチ。
  • ブックディレクターたちの仕事。
  • 美しすぎる本屋。
  • BOO IN BOOK 厳選!この100ジャンルに強い100書店。 

…などなど

店主たちのこだわりに満ちた書店の写真を眺めていると、出版不況と言われ続けて久しい中でもまだまだ紙の本はなくならないだろうということを予感させる。大小問わず、そして日本全国を周り厳選した書店が掲載されているのだろうが、この他にも人々を魅了する書店は多々あり、また今後も生まれることを願うばかりである。知が集約された「書籍」を扱う「書店」の特集なだけに、読み応えのある一冊である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く