ブランドの価値を把握していますか??

1291viewsgamagama

このエントリーをはてなブックマークに追加
実践ロジカル・ブランディング―曖昧な情緒論から硬質の経営論へ

目次

1、ブランドとは
2、ブランドの定義
3、ブランドを用いた企業戦略

1、ブランドとは

 ブランドとは優位一性と優位性、差別化を社内、社外に向けて見える企業のシンボルの用なもの。

2、ブランドの定義 

 《ブランドの構成》
•実体、実体情報、集約情報、イメージ力で構成される。
•実体に裏打ちされた力である

 《ブランドの力》
•差異化力
•顧客欲求に対する優位性の継続力
•実体に裏打ちされた力である

 《特質》
•情報補完機能
消費者が購買の決定に必要な情報をブランドで補完。
•自己同一化情報の側面

 《提供価値(企業価値と情緒的価値)》
 ブランドの方向性を把握することが可能。
また、市場を構成するセグメント毎に企業価値と情緒的価値の割合が変化する。

《ブランドの範囲》
 大きく分けて3種類のブランドの範囲があるが、
基本的な役割としては”情報補完機能”としての範囲。
•最狭義
•狭義
•広義
|←集約情報→|←イメージ情報→|←実体情報→|
|← 最狭義 →|
|←    狭義       →|
|←        広義          →|

 《対象によるブランドの認識》
•共通
購買活動=情緒情報+機能情報
•BtoB
情緒情報の割合は少なく、機能情報が意思決定において需要な役割を持つ。
•BtoC
購買意思決定の差異に機能情報よりも、情緒情報が多く用いられる傾向にある。だが、情緒情報も昨日情報かが起因になるケースがおおい。

《無形資産としての側面》
 ブランドは知覚化された統合的な無形資産

3、ブランドを用いた企業戦略

 《前提》
ブランドを社外に発信する時には、市場内で競争できる商品の質を有していることが前提となる。

 《概念の前提》
•企業ビジョンあるいは、企業•事業との整合性
•経営理念、ミッション、価値観、心情などの理念の整合性
•企業遺伝子、獲得形質、価値観、社員のアイデンティティーの把握
を先に確認して、把握しておく必要がある。 

 《概念》
差異化要因、事業領域の決定
企業としての特性を一番適切に表現できる領域。
事業部ごとに変化する可能性を内包している。

《提供価値(企業価値と情緒的価値)》
 ブランドの方向性を把握することが可能。
また、市場を構成するセグメント毎に企業価値と情緒的価値の割合が変化する。

《ブランドの範囲》
 大きく分けて3種類のブランドの範囲があるが、
基本的な役割としては”情報補完機能”としての範囲。
•最狭義
•狭義
•広義
|←集約情報→|←イメージ情報→|←実体情報→|
|← 最狭義 →|
|←    狭義       →|
|←        広義          →|

 《ブランドにおける差異化》
•機能による差異化
•情緒による差異化
 機能が伴わない情緒情報のみによる差異化破棄業、製品の衰退の可能性がたかく、機能が伴わないものは顧客が離れていくケースがおおい。

 《ブランドを取り巻く背景》
•toC
 購買の意思決定をするのに、必要な情具をとる為の時間と労働がおおくなってしまい、”ブランドによる情報の補完機能がおおい”
•共通
 製品のコモディティ化がすすんでしまい、機能面の差異化が難しくなってしまったため、”ブランドによる情緒機能”が重要な力を持つ

感想

ブランドの価値基準を明確にはかることはむずかしいですか、
スタートアップやベンチャーに関しては見る価値があるかと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く