美しさとは業である。

1741views本好きず~みん本好きず~みん

このエントリーをはてなブックマークに追加
サファイア

真珠

先日外資に吸収合併されたムーンラビット社とその製品。放火魔の女が何故かムーンラビット社のお客様相談室の元室長である平井との面会を強く望んで語った放火の真相。イチゴ味の歯磨き粉の織りなす女の半生とあまりにギャップのある真珠の様な歯のコントラスト。

ルビー

久々の帰省の時に見つけた母の胸につけられたお姫様のようなルビーのブローチ。
田舎の景色は何時も変わることなく、今回の帰省の時には変わってたのは家の隣に『かがやき』という福祉施設が出来た事だけだった。人の良い母はそこの入居者の『おいちゃん』と仲良くなり、そのブローチをもらったという。しかし、その施設は特殊で、おいちゃんもただものではなく…幸せも、お金も手に入れたいのに世の中はどうしてこうも歯車がすぐ狂うのだろう…

ダイヤモンド

日本の多くのカップルが恋人としての幸せなピリオドに向かって最後に贈り、贈られるだろうダイヤモンドの婚約指輪。
美和は栄養士になるために夜間の学校に通いながら、主人公の男性と婚約関係になったが…栄養士の勉強と嘘をついて違うオトコと会う、睡眠薬、婚活パーティーとモテないオトコ、高級車etc…某事件を思い起こさせるようなストーリー。

キャッツアイ

隣人の猫を助けた一家に訪れた猫の恩返しは、まるで仇返しの様に思えた。幸せな家族が些細なことで壊れる怖さ、猫の目の不思議な不気味さ。あなたの部屋も覗かれているかもしれない…

ムーンストーン

ムーンストーンは願いの叶う石。あがり症でクラスカースト下位だった久実とクラスの人気者小百合。お揃いにして付けていたピアスはかつての読書感想文『友よ、君のためなら命をかけて闘おう』を表していた

サファイア

初めておねだりをしたのは20歳の誕生日のときのサファイアの指輪。旅で出会った彼と付き合う様になってねだったのだけれど、一生のうちの唯一のおねだりとなってしまうなんて…

ガーネット

サファイアを贈られた女とサファイアを贈った彼に言葉を贈られた女。宝石の一つ一つは着けている女の情念を吸収して輝いているのだろう。

感想

嫌ミスの湊かなえ。宝石の美しさの毒と陰。そして、その美しさゆえの業のようなものを感じる、短編集だった。
だった。

サファイア

サファイア

  • 湊 かなえ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く