楽しみながら成果が上がる勉強のコツがわかる本「STUDY HACKS!」

5042viewsライフハックコンサルタントAudreyライフハックコンサルタントAudrey

このエントリーをはてなブックマークに追加
STUDY HACKS!

はじめに

 楽しみながら成果が上がる勉強のスキルアップのコツと習慣をツール、環境、時間、習慣などの視点から述べたライフハック関連の代表作。小山龍介氏の名作。

ポイント

○教科書の覚えたい部分を朗読してICレコーダーで録音する

○高速再生を使い、注意深く、集中力アップしながら聞く

○「理解する前に記憶する」「わからない」という状態で脳にインプットする

○Study.jpでは講義ごとにつまみ食いのように授業を受けられる

○マインドマップを使い、勉強する内容の全体像を作る

○livedoor Wikiでプライベート設定のオンライン上辞書を作る

○はてなブックマークをRSSで受信する

○はてなブックマークをするときのタグ付けをする

○パソコンの4つの機能

①学習ツール(教えることで学ぶ)

②知識整理ツール(マインドマップ)

③知識共有ツール(WikiとGoogle Documents)

④情報収集ツール(ウォッチとサーチ)

○単語カードをiPodで代用する(ディスクとして使用するNotesフォルダへのコピー)

○Wikiで作った自分辞書をテキストファイルにしてiPodに放り込む

○100円ノートを「超メモ術」で紹介されているように使う

○知らない場所は危機感が脳にθ派を出させ、情報収集させるのでこれを勉強に応用する

○知らない人が出入りする喫茶店などでの緊張感はθ派の誘発に働く

○香りで集中力をコントロールする

(NEAL'S YARD REMEDIESのREMEDIES TO ROLLやオリジンズのピースオブマインドがおススメ)

○ハーブティーも気持ちのコントロールに最適

○ブログやSNSで進歩を報告する

○テキストを読む前にまず、問題集から始める

○その次に解答の解説を読む

○最後にテキストを見ていく

○80%正解する問題の正答率を100%に持っていくよりも、20%のものを80%に持っていくほうが効率的

○マスターとなるテキストを一つに絞り、他の情報をそれに写していくワンポケット原則

○テストにおける重要なことは「テストに出る」ところよりむしろ「テストに出ない」ところの情報である

○3色ボールペンで、出やすいものは「赤」、まあ出るかもしれないというものは「青」、出ない問題は「黒」に分ける

○すべてを網羅しようとして重要ポイントを忘れることのほうが、出ない問題を切りすてるよりもリスクが高い

○通勤の駅に合わせて整理する

○場所のイメージと情報をつなぎ合わせることで、五感を交えたイメージで記憶できる

○要は情報にはっきりとしたインデックスをつけることが大事

○覚えたことはできるだけ忘れる

○水漏れを防ぐのではなく、水が漏れるよりも多く、水を入れていくことに集中する

○ヤマを張り、執着を捨て、割り切ることでかえって結果がでることもある

○試験では得意分野から解くことで、知識がスムーズに出てくるようにする

○試験直前は「出そうな所に限定して目を通す」

○寝る前に勉強するよりも、試験当日は早く起きてテスト開始から3-4時間前に復習するのが有効

○空腹による集中力を発揮して乗り切る

○合格ラインへの最短経路は「選択と集中」

○パレートの法則によると重要な20%にリソースを集中させても、それほど問題はない

○ランチェスターの法則によると戦力を一か所に集中させることが重要

○英語の勉強ではシャドーイングが有用

○発音は体で覚えるしかなく、American Accent TrainingやSpoken American Englishという教材がおススメ

○方法記憶で「学習の転移」をおこす

○ある一分野について集中的に勉強していると、他の分野の知識についても、苦労せずに勉強できるというメリットがある

○方法記憶の転移では以下のようなプロセスがおこる

①分野を超えて共通する内容

②ものごとの理解の仕方

③知識の構造

コメント

 小山氏直伝のおススメ商品やおススメサイトの情報満載のさらに詳しい記事はhttp://ameblo.jp/audrey-tanaka/entry-11025592038.html←こちらをご覧ください!!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く