Webクリエイター能力認定試験 初級 を合格するために

2911viewssuitasuita

このエントリーをはてなブックマークに追加
よくわかるマスター Webクリエイター能力認定試験(HTML4.01) <初級>公認テキスト & 問題集 改訂3版 Internet Explorer 7 / 8 / 9 / 10対応 (FOM出版のみどりの本)

“Webクリエイター能力認定試験 初級”の受験を考えている初学者の立場で気になった点を中心にこの本のまとめを書いてみます。

第1章 HTMLの基本

HTMLとCSSの切り分け、HTMLの記述方法について解説しています。
この章はあくまでもルールを理解するための解説といった感じで問題はないので、繰り返し読んで実力を高めています。

HTMLの記述方法には主に二通りあります。
・p要素
開始タグ 内容 終了タグ
・img要素
開始タグ 属性 値 属性 値
言葉で並べると意味不明ですが、とりあえず開始タグと終了タグの両方が必要なものと、開始タグオンリーのものとがあります。
後者は内容を持たず、空要素といいます。
要素、タグ、内容、属性、値などの言葉は独特なので、何度も読んで意味をしっかり覚えたいと思います。

ブロックレベル要素とインライン要素もややわかりにくいので意味をきちんと理解することが大切です。

ブロックレベル要素は文書の骨組みを形成する要素です。
ブラウザでは前後が改行して表示されます。
P要素<p></p>など。

インライン要素は主にブロック要素の内容の一部として扱われる要素です。
ブラウザで前後は改行されません。
インライン要素は単独で記述せず、ブロックレベル要素の中に記述します。
img要素<img 属性="値">など。

第2章 HTMLの記述

テキストエディタを使ってHTMLを記述する方法を解説します。
出題範囲のHTMLタグを順番に学習することになります。
①解説を読む
②問題を読む
③問題を解く
という順番になっており、問題は付属のCD-ROMに収録されているファイルをコピーして行います。
メモ帳で直接htmlやcssを編集する地道な作業であり、繰り返していくことで自然に用語を覚えていきます。

“相対パスによるファイルの指定”のルールはきちんと覚えないといけないと思います。
同じ階層にあるイメージを指定する場合 gazou.gif のように記述します。
同じ階層のフォルダ「images」にあるイメージを指定する場合 images/gazou.gif です。
ひとつ上の階層にあるイメージを指定する場合 ..gazou.gif です。
ひとつ上の階層のフォルダ「images」にあるイメージを指定する場合 ../images/gazou.gif です。

第3章 CSSの基本

CSSの記述方法について解説しています。

CSSの記述場所には主に次の2つがあります。
①CSSファイルに記述する
②HTMLファイル内に記述する

第4章 CSSの記述

テキストエディタを使ってCSSを記述する方法を解説します。
出題範囲のCSSのプロパティを順番に学習します。
私はここまでを一通りやりましたが、まだまだ理解が足りていないので再度解いてみるつもりです。

模擬試験

本試験と同レベルの模擬試験3回分を用意しています。

過去問題

過去に実施された本試験の問題を添付しています。

付録 ホームページの基礎知識

索引

別冊 採点基準と標準回答

模擬試験全3回と過去問題の解答などが載っています。
模擬試験の解答は画面写真付きでしっかり解説しているので、わからない部分の疑問をしっかり解消して本番に備えることができます。
一方で、過去問題については採点基準が載っているだけで、正答は掲載されていません。
試験問題に対応できるかの確認として問題を解き、学力アップには模擬試験をやりましょう。

感想

気になったところをまとめてみました。職場できちんとした講習も受けることになっているので、そちらも集中して受講して理解を深めてから試験に臨みたいと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く