ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる

3249views国中千鶴国中千鶴

このエントリーをはてなブックマークに追加
HHhH (プラハ、1942年) (海外文学セレクション)

歴史小説というべきか、ノンフィクションというべきか。

1942年。第二次世界大戦のまっただ中で、プラハを占領していたドイツ軍。
ヒトラーの部下であったヒムラー、そのヒムラーの部下であるハイドリヒ。
ドイツ語で『ヒムラーの頭脳はハイドリヒと呼ばれる』という意味の言葉の頭文字をとった略語がタイトルです。
ナチスという組織の中で、ハイドリヒがどのように成り上がっていったかというのがつらつらと書かれていきます。
彼は諜報機関の長として情報を入手し、時にはそれを捏造して、政敵を陥れていきます。
政敵を陥れて、遠ざけ、場合によっては殺害もしました。
彼が陥れたのは政敵だけではありません。
巧に戦争を引き起こし、相手国を陥れました。
自国の方に戦争する意志がなくても、相手に理由をでっち上げられてしまえば開戦となる。
相手の罠にはまったと気づいた時には開戦を止めることはできず、それを避けるには一方的な条件をのまなければいけなくなる。
戦争はつくづく恐ろしいと思いました。
また、ユダヤ人大量虐殺の首謀者であり、責任者でもありました。
恐ろしい人物です。
この本の表紙を埋め尽くすアメリカンコミックの笑い声の表現のようなHの羅列は、金髪の野獣と呼ばれたハイドリヒの高笑いなのかもしれません。

ハイドリヒのことがずっと書かれていますが、主人公はこのハイドリヒを暗殺するためにプラハに送り込まれたパラシュート部隊の青年兵士。
冒頭でちらりと触れられてはいるのですが、物語に関わってくるのは中盤からになります。
その中盤まで根気よく読み進められれば、その後は引き込まれていくでしょう。
彼らはとても魅力的です。

この本は書き方がとても特徴的です。
まず、ひたすら史実にこだわっている姿勢を示していること。
作者はとにかく手当たり次第に資料を集め、関連する場所へと足を運んだのでしょう。
時には、この事件やそれと関連するような事柄を扱った他の文学作品について、事実と異なる、そんな発言をしたとは思えない、と批判している部分があります。
そして、作者の置かれている現在と、史実に基づいて書かれている過去とか入れ子になっていること。
個人的な出来事も書いているし、見解も書いています。
小説、とも思えるけれど、ノンフィクション作品のようにも思える。
不思議な作品です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く