小学校低学年から高学年まで幅広い読み聞かせに使えます~雨の日の読み聞かせにも~

2522views読み聞かせの魔法読み聞かせの魔法

このエントリーをはてなブックマークに追加
かさどろぼう

【対象年齢:6歳から】

スリランカの島の小さな村にはかさがありませんでした。ある日、村のおじさん、キリ・ママがまちに出かけると、みんなが色々な色の大きな花のようなものを持っていました。それがかさだと知ったキリ・ママさんは、かさを買って喜んで村へ帰ります。でも、コーヒーのお店で話しているうち、外に置いていたかさが無くなってしまいます。何度買ってきても無くなってしまう。そこでかさに紙切れを仕込んで、その紙切れをたどっていくと、これまでに盗まれたかさがたくさん木にかかっています。キリ・ママさんはどろぼうのために一本だけかさを残して、残ったかさでかさ屋を開きますが、一体この犯人って誰?

感想

小学生への読み聞かせにぴったり。絵が大きくて遠めもきくので、集団への読み聞かせにもぴったり。1ページだけ1枚の絵に対して文が多いところがありますが、全体としては声に出して読みやすいと思います。おうちだったら、もう少し低年齢からでも読み聞かせしても。小学生だったら、スリランカを地図で一緒に見てから読み聞かせしても楽しいですよね。
日本、アメリカ、ヨーロッパなどの絵本とはまたちがった雰囲気の絵本です。大人だったら、スリランカの紅茶を味わいながらというのもすてきですよね。

かさどろぼう

かさどろぼう

  • シビル ウェッタシンハ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く