借金は悪いことじゃない

3335views本好きず~みん本好きず~みん

このエントリーをはてなブックマークに追加
金持ち父さんの金持ちになるガイドブック -悪い借金を良い借金に変えよう

金持ちになる対価

ー我慢すること…シュワルツネッガーの様な肉体を手に入れるのにトレーニングとピザの禁止が必要なように、金持ちになるには支払わねばならない対価がある

ー多くの金持ちになりたい人間はその答えが気に入らない。気に入る答えが見つかるまで対価を支払いたがらない

ー安全の対価は個人としての自由の制約が多い

ー作用にのみ対価を支払っていると反作用のデメリットが増幅する

ーファイナンシャルリテラシーを見につけろ

ー『fail』は名刺ではなく動詞だ=その状態にあるのであって、不変のものでは無い

ー宝くじを貧乏な人が買うのはその程度の損の余裕しかないからである

ー人生で最良のものはタダで手に入る
→人脈、性格、能力によって

ー銀行は不動産のためならお金を貸してくれる

年収1000万円の貧乏人

ー証券会社は所詮、証券マンが会社の金で投資することを守るに過ぎない

ーオールローンは儲かるどころか銀行(融資元)と建設会社(建物建設)と国(資産税)のためにしかならない

ー1年間勝てる場所で必死に学べ…それが年収1000万円のの証券マンから身と財産を守る方法である

ー収入源は複数あってもいいが投資は集中しろ(分散してはいけない)=ポートフォリオは嘘である

ーリスクを取らねば上回る収支は取れない

ー大きな取引というのはちいさな取引に0が1つ増えただけのである

感想

初めて金持ち父さんシリーズで手に取って読んで衝撃を受けた本。私自身がキヨサキ氏が言うには属性の良い仕事であり、そこにあぐらをかいている様な所があったので、その意識を改革しなくてはなぁと切に感じた本。

金持ち父さんの金持ちになるガイドブック -悪い借金を良い借金に変えよう

金持ち父さんの金持ちになるガイドブック -悪い借金を良い借金に変えよう

  • ロバート・キヨサキ,シャロン・レクター,白根美保子

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く