「金魚鉢に飛び込む」MIT教授

2085viewsNaosukeNaosuke

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブレークスルー・マネジメント

品質を中核としたマネジメントの発展

コントロール型

  • 同一の結果を維持し続けることを主眼とする管理法
  • 専門家により客観的基準の強制
  • 数値データで問題解決
  • 機械モデル
  • 平均的な人間は仕事を嫌がると考える

改善型

  • 継続的にシステマティックに組織をあげて一歩ずつ
  • 全員参加の大衆運動
  • 数値データと言語データで問題解決
  • 生物モデル
  • 人間が仕事をに身体や思考を使うのは自然な行為と考える

ブレークスルー型

  • ビジネスを変えることが不可欠な環境
  • 多くの目的の共有
  • 言語データとイメージデータで問題解決
  • 社会モデル

ブレークスルーのサイクル

創始者のブレークスルー

アイデア

開発グループのブレークスルー

技術的ツメ

共同開発パートナーとのブレークスルー

市場化へのツメ

「参加」の種類

participation

物理的に参加している状態

involvement

仕事に巻き込まれ没頭している状態

commitment

能動的に自己のすべてを投入する身も心も捧げている状態

心のブレークスルー

過去の自分と決別して新しい方向性を発見するプロセス

アンラーニング

既存の考えから脱却すること

カオスの中での集中

もがき苦しみながら何かに集中していく状況

ブレークスルーに必要なもの

アーキテクチャ

生まれたばかりのブレークスルーを守る保育器

マイルストーン

時間との戦いに勝つため

外部情報活用の仕組み

外部からの刺激

トップマネジャーの関与

おすみつき

リーダーの行動の背後に存在するもの

演技ではない点

偽りの仮面ははがれていく

無知を認める勇気

傲慢さの対極

自分をコントロールする能力

努力をコントロールする

リーダーに要求される資質

ブレークスルーを現実化する

異を唱える勇気をもつ

達成感をマネジメントする

関係者の成長に最大限配慮する

自分自身を高める

自分自身を客観視する

兆候を捉えるための行動をおこすにあたって

行きがかりにとらわれない

意識して捨てないとチャンスを失う

飛び石づたいに

余裕を設ける

多様なデータ

データの違いをなるべく大きく

その他

変革は個から始まる

機会は与えられるものではなく、自ら発見して、創りだすもの

現在ほど新しいビジネスの機会に恵まれている時代はない

そのことに日本人はあまりにも無関心

スタートアップを起こすより自社でブレークスルーを守る仕組みを作る方が有利

リソースが格段に違うから

ブレークスルーには客観的な事実に基づくデータは存在しない

未来の事実データなどないから

創造のジレンマ

  • 全く無知だと何もみえない
  • 知識が多いと知っていることしか見えない

頭で理解するだけでは不十分

人間は腑に落ちた気持ちに達しない限り動き出さない

「シンボル(象徴的な光景や出来事)は何だろうか」と自問自答

本質をさぐる

モデル化はみえなかった未来の可能性に気づかせてくれる

フィードバックが得られる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く